30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

7月の光熱費 【高気密・高断熱】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


台風19号、20号と続いていますが、皆様お変わりありませんでしょうか。


7月の光熱費についての記事です。



我が家の光熱費に関わる条件
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
〇延床31坪・2階建て
〇4人家族(夫婦+就園児2人)
〇日中は家族が仕事&保育園
〇オール電化住宅(関西電力・はぴEタイム)
〇オール電化のためガス代は無し。
〇給湯器はエコキュート
〇断熱・気密性能(Ua値0.39、C値0.29)
〇大阪(温熱区分6地域)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ご存じのとおり今年の夏は酷暑です。先日の記事の通り大阪府堺市が史上最高の気温を観測するほどでした。


調べてみると7月の大阪は猛暑日が18日もありました。しかも、ほぼ全て熱帯夜・・(^_^;)


そんな7月の光熱費は・・なんと7369円でした。太陽光発電の自家消費分を足して、7800円ほど。


エアコンを使わなかった6月と比較して+1600円。


この酷暑の中、まったく我慢をせずフロア全体を冷房していて、この金額で済むのは、さすが高気密・高断熱といったところでしょうか。
(日射遮蔽もですが)


*「まったく我慢をせずフロア全体を冷房する」=日中は1階全体を冷房し、就寝時は2階全体を冷房する。という冷房運用です。


我慢が必要な節電(=省エネ)をする気はなく、あくまで「小」エネが大切と考えています。


これからお家づくりをされる方は、高気密・高断熱・日射取得・日射遮蔽を必須で検討して下さいね(^o^)/





追記


以前の記事で関西電力が7月1日より電力の値下げをするとありましたが注意が必要です。


調べていて気付いたのですが、我が家のようなオール電化仕様の料金プランでは給湯器(エコキュート)用に深夜電力が安く設定されています。


が、7月1日から改訂した関西電力の電気単価では深夜電力が1kwあたり0.6円ほど値上がりしています。


もともとが1kw9.9円で、値上がり後は10.5円。約5%の値上がりとなります。
我が家の光熱費は、給湯器が50%~65%を占めます。


光熱費の大半を占める深夜電力が値上がりすると、電力の半分以上を深夜電力で賄っている我が家には打撃です。


我が家のエアコンを使わなかった6月で、光熱費が6000円弱。
基本料金2200円をのぞいた額が3800円。


そのうち深夜料金が占めるのは1000円強。この5%が値上がりしたので、光熱費の値上がり額としては200円強になりますね。


それでもこの酷暑で光熱費が7800円以下に抑えられているのですからホントに良い家になったものです。


大手鉄骨ハウスメーカーでは我が家と同じ条件で、光熱費が2万~3万となっています。


どのようなお家を建てられるのも自由ですが、家に住まい時間を50年間として、光熱費だけの差で500万は変わります。


快適性や健康に対するリスクを考えると500万ではききません。これからお家づくりをされる方には、ぜひ良い家を建てて欲しいと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。