30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

24時間暖房をOFFにしてみる。

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


今年は寒さの厳しい冬となっていますが、皆様お風邪などひかれてはいないでしょうか。
福井県など豪雪地帯の方は雪かきや除雪が大変だと思います。


おケガのないようにご注意ください。


さて、昨日の2月17日。大阪は真冬にしては暖かい陽気となりました。


最高気温が10℃。
最低気温が6℃です。


日中、日なたにいるとコートを脱いでも大丈夫かな、というぐらいでした。


くろーばー家は住宅密集地に住んでいるため、冬の日差しは1階に届きません。
しかし、2階の広くとった南面の窓には日射取得が見込めるため、室温が上がります。


日中に取り込んだ熱で、だんだん暑くなってきました。


温度計を見ると22.8℃とあります。


このままではオーバーヒートすると思ったので、24時間連続暖房をストップしました。
*実際、大晦日に我が家ではオーバーヒートしてしまいました。12月31日の記事でアップしているかと思います。


夕食前に暖房をストップしましたが、18時ごろの調理の熱、20時ごろのお風呂の熱のため、夜の10時を過ぎても、22℃をキープしています。


加湿のため入浴後に浴室のトビラを開放していることもあり、かなり暖かいです。
長袖のTシャツ1枚で十分という体感です。


真冬にエアコンを使用せずに過ごせるというは、本当にありがたいお家になったものです。


最近考えているのが、夜間の安い深夜電力で家全体を暖めておき、日中は調理・入浴などの熱を利用し無暖房でしのげば、光熱費が安くなるのかなという計画です。


24時間で21℃設定で運用する方が安いのか。
夜間に暖めて余熱で日中を過ごすのが安いのか。


そして、快適性ではどうなのか。


高気密・高断熱(計画換気も)のお家の暮らし方について、いろいろ調べながら過ごしてみたいと思います。


冬の生活を過ごしてきた中では、24時間連続暖房すると床まで暖まってくるので、足元が冷えにくくなり快適だというものです。


点けたり消したりする間欠運転では、室内の空気は暖まりますが床の温度までは上がらず、室温のわりに快適になりにくいのです。


もちろん自分の実家のように低気密・低断熱なお家では、24時間暖房していても床まで暖まらず、しかも光熱費がトンデモないことになるのでしょうが(^_^;)



さて、夕方にOFFにした暖房ですが、翌朝は何℃まで下がるのでしょうか。
天気予報では外気の最低気温は1℃だそうです。


いろいろ我が家で実験をしてみたいと思います(^0_0^)






















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。