30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

クロス(壁紙)の施工 ~新築工事112日目~ 

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


大阪では台風一過の良いお天気ですが、お住まいの地域ではいかがでしょうか。被害が少ないことを祈っています。


さて、クロス(壁紙)の施工が始まっていました。


壁と天井すべてにクロス用の接着剤が塗られていました。


すでに1階・LDKの天井はクロスが施工済でした。


石膏ボードの黄色(茶色?)から、またガラッと室内の様子が変わりました。


ちょうど現場に行った時間は、職人さんが2階のホール・廊下を施工中でした。


くろーばー家はデザインにはこだわりが少なく、クロスは白の無地を基調にしています。
もう、こうして見るとお家が完成したようにも見えてきます。


下に置かれているのは、クロスの切れ端です。


職人さんのお邪魔になるので撮影は控えましたが、端をそろえてキレイにクロスを貼っていく姿は、まさしく職人技でした(^O^)


これはクロスに接着剤を付ける機械です。


このバケツに接着剤が入っています。


この接着剤を先ほどの機械に入れてクロスに付けていきます。


クロス=壁紙ですが、触った感触は紙ではなく、革のような質感です。


重さもそこそこあるのでクロス用の接着剤というのは結構、強力なのでしょう。


・・と思っていたのですが、クロスの切れ端が靴にくっついてしまった時には、簡単に剥がせてしまいました。


時間が経つと剥がれにくくなっていく仕組みがあるのでしょうか。


しかし、家中の壁と天井すべてにクロスを貼っていくのですから職人さんのご苦労には頭が下がります。



壁はともかく、天井は大変だと思います。腕がだるくなってしまわないのでしょうか。


また、階段の上の天井部分は吹き抜のようになっています。クロスをあんなに高い天井にどうやって施工するのでしょうか。


職人さんって本当にすごいです。どうぞ、おケガのないようにしてくださいm(__)m



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。