30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

外構工事に向けて ~新築工事80日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


新築工事も完成が視野に入ってきた今日この頃。完成引き渡しが終わると次は外構工事になります。

*くろーばー家ではありません。



くろーばー家は豪邸ではないので大した工事ではありませんが、営業Mさんとの連絡のやり取りの中で外構の話が出てきました。


そこでMさんにお願いして外構業者さんにコンタクトをとって頂きました。
ところで、くろーばー家は泉北ホームの建築条件付き土地です。


泉北ホームでは条件付き土地の場合、泉北ホームサービスというグループ会社が外構工事をすることが契約で求められます。



家の建築請負契約をするときに、この点がすごく気になって営業Mさんを困らせていました。


いや~。家本体の契約金額が決まってもグループ会社の外構工事で、
ボッタくられるのではないかと心配するじゃないですか!?



くろーばーが小心者なだけ?(*^_^*)


これでは、くろーばーとの契約にこぎ着けられないぞと感じた(?)営業Mさんは、
泉北ホームサービスに依頼して大まかな外構工事の仕様と見積もりを出してくれるよう取り計らってくれました。



その時の仕様と見積もりは建築請負契約の時に一緒に出してくれました。



なので、大まかにではありますが仕様と見積金額はすでに決定しています。(1年近くも前のことですが(^_^;)


何でも公開してしまうのが当ブログ。外構の仕様と見積もりも公開しちゃいます。



請負契約前の外観パースも入って入ます。


Uさんとの設計打ち合わせ前なので屋根は1寸勾配のままになっています。現在の家の感じとはまったく受ける印象が違いますね。



外構イメージはこんな感じ。



別角度からの外観パース。




見積もり書の公開。


35坪の敷地のくろーばー家。
建蔽率が50%のところを49%使用しているので、外構面積はひじょ~に少なめです(*^_^*)


こうした敷地に


駐車スペースすべてをコンクリート敷き。
コンクリートが割れないように区分け。
一部、色つきのコンクリート平版。
バラス(砂利)
ブロック塀3段(フェンスが付きます)
門柱(表札、インターホン、郵便受け)
カーポート屋根
勾配工事
消費税


すべて合わせての120万になります。


提携会社なので見積額は高いのかなと思っていましたが、許容範囲内の見積もりなのではないでしょうか。


一般の外構業者に比べて格段に高いわけでもないようです。
長くなってきました。外構についてはまた後日に書きたいと思います。






余談。


テレビを見ていたら、YKKのCMが流れました。注目して見ると。
流れたメッセージが、



「日本の窓は、樹脂窓へ。」



さすが窓メーカー。
良いキャッチフレーズで宣言されましたね\(^o^)/


今年に入り、なぜかアルミ樹脂複合窓を売り出した時には失望しましたが復活ですね。
今後も応援したいと思います(^o^)/





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。