30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

「建て方」工事の完了 ~新築工事53日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


新築工事53日目の、くろーばー家。


1階・2階・屋根の野地板までが施工されています。
かなりお家らしい形になってきました。


右側にくろーばー家を担当してもらっている、
現場監督Dさんの後ろ姿がありますね。


いつもお世話になっています(^-^)/



南側から撮影。


泉北ホームの旗が見えますね。


南側で日射取得のため大きい窓を採用しています。


旗のかかっている部分を室内側から見ると、こんな感じ。


ここにウィンドキャッチ連窓という窓が入ります。



ウィンドウキャッチ連窓とは、「縦すべり窓+FIX窓+縦すべり窓」という
採風を考えた窓の種類になります。


同時に大きいサイズの窓なので、冬場の日射取得を意識しています。


そうそう。大切な物を忘れていました。


ホールダウン金物。


基礎と構造躯体をつなぐ大切な金物です。



基礎を施工いている時に見えていた、
このニョキニョキと基礎から生えているものです(*^_^*)



これによって耐震性が大きく高まります。


アンカーボルトは基礎から室内側に突き抜けているため外気が室内に入ってきます。
気密対策が必要ですので、ここの隙間も監督Dさんに気密施工を考えて頂いています。




もう建て方工事も終わりになるので、さほど木材も使わないと思いきや、
室内に木材が山のように積まれています。





建て方工事が終了になるため、これからは室内の造作作業になります。
これらの木材は造作関係なのでしょうか。


これからの現場の変化も楽しみです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。