30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

お家の中の給水管・排水管 ~新築工事53日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


以前にご紹介した給排水管の画像です。


床下を縦横無尽に通っています。
これらの給排水管が室内まで延長されてきて・・。


1階の床から通されます。


気密をとるためにコーキングを施工して下さっています。


これを2階につなげるため、1階の天井を通していきます。




で、2階の洗面台まで到達!

あれ?どうして2つともピンクなんだろ?


給湯が赤、給水が青のはず・・。今度、監督さんに聞いてみよう。


→ホコリ避けの保護キャップなので色が同じだそうです。
また監督Dさんにお手間をかけさせてしまいました(^_^;)


こちらの塩ビ管は2階洗面台の排水管。


塩ビ管と構造用合板に隙間があいていますね。
最終的にはこの隙間も埋まります。


こうした外周部に水道管が通ると、どうしても断熱欠損になります。
極力こうした場所は減らしていく設計を心掛けたいですね。




水道管なので、もちろんキッチンにも配管されます。



浴室や洗濯機の場所など、すべての蛇口がある場所まで配管されています。




お家のメンテナンスで最もメンテサイクルが早いのが水回りです。


キッチンや洗面台などの設備は交換するのは楽ですが、
こうした配管を交換するのは大変です。


できるだけメンテナンスが楽なように、設計段階で配管の配置などにも気を配れるとよいですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。