30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪でマイホームを新築するブログ【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

カーポート

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


ここ数日、大阪では最高気温が2ケタになる日が続き、春の到来が近くなっていることを感じます。


皆さんお住まいの地域ではいかがでしょうか?


さて、皆さん自動車はお使いでしょうか?
この冬、最強寒波のおかげで(?)、一つ気がついたことがあります。


もしかしたら、自動車にお詳しい方には当たり前かもしれないのですが記事にしてみます。


朝、仕事に出ると、この冬の寒さでフロントガラスに霜がおりている車を多く見かけます。


寒いから当然そうなりますよね。


ところが道を歩いていくと、フロントガラスに霜がおりている車と、霜のない車があります。


何故かなと思いながら、次の日も見ていると、やっぱり同じ車に霜がおりています。


車のフロントガラスの種類かなと思ったのですが、同じ種類の車があり、これも霜がおりているものと、おりていないものがありました。


そこで気付いたことが、


カーポートがあるとフロントガラスに霜がおりない。


という結論です。


気になって調べてみると、地表近くから起こる暖気の上昇をカーポートが留めておくため、車付近の温度が下がりにくくなり霜を防ぐようです。


関西以西の土地なら、ほぼカーポートによって霜を防ぐことが出来るとのことでした。
(YKKホームページより)


朝の出勤前にフロントガラスの霜をとるのは大変ですよね。


カーポートの機能。



こんなところでも役に立つようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。