30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

外部まわり ~新築工事119日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


完成まで、あと半月のくろーばー家。



軒天(のきてん)も設置されたようです。


バルコニー下の軒天です。白が映えますね。


外壁、樋、軒天、TVアンテナ、窓サッシが白。家のコーナー部分がオレンジ。シンプルなだけに良い配色になった気がします。


*注 くろーばーはデザイン系がとっても苦手分野です。主観も入りまくりなので、デザインや配色については話半分に聞いて下さい(^_^;)



何やら段ボールが積まれているので見てみると。


玄関、ポーチのタイルが届いていました。LIXILのフィオという商品です。




くろーばー家では外壁の色と合いやすいように、オレンジ色のタイルを選んでいます。
FIOの13番ですね。




防水コンセントも設置されていました。


コンセントカバーがグレーなので、白色の外壁部分に設置していたら良かったかもしれませんね。ま、細かいことなので大したことではありませんが。
(デザイン系はちょーいいかげん(*^_^*)



裏からのぞくと、こんな感じ。


差込口は3つあるのですね。


自動車の車内清掃に使う電源。高圧洗浄機の電源。


今のところ、それぐらいしか思いつきませんが、あると便利だと思います。泉北ホームでは標準で一つ付くようですので十分です。


裏庭をお持ちの方なら2つ目も検討の余地ありかもしれませんね。



これは後日に撮影した画像です。


下が電気メーターです。最近の電気メーターはオシャレですね(*^_^*)


上の機械は京セラと書いているので、おそらく太陽光の売電に関するメーターなのかな。


昔のメーター用にグルグルまわる歯車のような物はついていないのですね(^O^)



こちらは樋と雨水升、それに排水管。


地味ですが、こうした部材があるからこそ安心して暮らすことができます。



こちらはキッチン付近の吸気口です。



こちらはキッチンのレンジフード(排気口)です。



比べてみると、排気口の方がΦが大きく、排気量の方多いことが分かります。


超・高気密住宅ではレンジフードの同時吸排気型かつ電動シャッター型が求められるのがよく分かります。


くろーばー家では仕分けの対象になりましたが(>_<)



くろーばー家の軒の出は50cmです。



外壁の防汚と南面の日射遮蔽のため、出来る限り軒の出は伸ばしたかったのですが、敷地の広さの問題でこれが限界でした。


ただ日射遮蔽の中心である南面の窓は、6寸勾配の屋根+50cmの軒の出で、夏の日差しをしっかり遮ることが出来ます。(2階窓)


1階の南面は屋根・軒がありませんが、最も日射取得があるリビングのウィンドキャッチ連窓には、YKKのコンバイザー(庇)を設置します。



夏の日差しは遮り、冬は日射を取り入れる。これがパッシブデザインです。


太陽に素直な家づくりを目指したいですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。