30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪でマイホームを新築するブログ【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

耐震について①

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


大阪北部の地震発生から2週間が経ちました。
いまだ避難所で生活されている方もいらっしゃいますが、インフラは回復することができました。


この地震によって、全壊4棟、半壊20棟、一部損壊が2万棟もの被害が出ました。


早い生活再建を祈るとともに、近い将来に起こるであろう大地震について考えてしまいます。


南海トラフ大地震が起きれば、死者だけで32万人、被害総額にいたっては最大1400兆円とも言われています。
(桁違いとはこの事ですね・・)


耐震についての意識が高まっている、この時期。
記憶が薄れないうちに住宅の耐震について調べてみました。


戦後の日本の耐震基準の変遷について、大事なことだけ取り上げてみました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


1950年 建築基準法が制定される。


1981年 建築基準法の改正(新耐震設計基準)


1995年 建築基準法改正
*阪神大震災の発生した年


2000年 建築基準法改正
(地盤調査・ホールダウン金物必須。耐力壁のバランス計算必須。)


2001年 品確法性能表示制度スタート(耐震等級の始まり)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


日本の住宅の耐震性は1981年と、2000年がそれぞれ大きな分岐点になっているようです。


もし中古物件を購入される際には、建てられたのが1981年より前か後か。
2000年より前か後か。ここは重視されるのが良いかと思います。


実際、阪神大震災が発生した際、建てられた年が1981年を境に、倒壊の度合いがまったく違っていたということを聞いています。


2001年以降では耐震等級で耐震性能が数値で表されたので、施主側にとっても分かりやすくなりました。


この制度では偏心率なども計算されるようになったため、壁量以外の部分でも耐震性に関わる部分が強化されています。


2005年には世間をにぎわせた姉歯事件もありました。


構造計算や建築士に関する規制が強められましたが、これは今回の記事と少し毛色が異なるのでおいておきます。


地震や事件のあとに規制が強まる歴史があるようです。


地震や事件のあとではなく、先のことを考えた法改正が行われれば良いなと強く思います。


つまり、耐震基準を強化するのを先延ばしにするのではなく、記憶に新しい今この時に行うのが大事だと思います。


以前の記事で、最低でも耐震等級3をと書きました。このあたりの根拠を、また後日にまとめてみようと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。