30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

窓の断熱性能

断熱のお話を続けて書きますね。


窓・サッシの2大メーカーは、
YKKAPさんとLIXILさんです。


今日は、その性能を熱貫流率から比べてみたいと思います。
YKKさんとLIXILさんのホームページを参照しました。



半樹脂(外側アルミサッシ+内側樹脂サッシ)の場合


YKKさん
 APW310・・表記なし


LIXILさん
 サーモスL・・3.49
 サーモスL(LOW-E仕様)・・2.33
 サーモスⅡ・・表記なし
 サーモスX・・1.03


こうして数値を見比べると、同じ半樹脂と言っても、
まったく熱貫流率が変わるようですね。


窓の数は、ペアガラス(2枚窓)です。
一番性能が良いサーモスXが、トリプルガラス(3枚窓)になります。


窓の性能は、LOWーE仕様にすることと、
窓の数が増えることで、ぐんと上がるようですね。



次は、全樹脂(外側も内側も樹脂サッシ)の場合。


YKKさん


 APW330(アルミスペーサー)・・1.67
 APW330(樹脂スペーサー)・・1.48
 APW430・・0.91


LIXILさん
 エルスターS・・1.3
 エルスターX・・0.79


APW430とエルスターXは、ともにトリプルガラスになります。
熱貫流率が1.0を切る高性能ぶりです。


ここに書かせて頂いたAPW330のスペーサーについて
書き加えておこうと思います。


窓のガラスとガラスの間には、空気層があります。
ペアガラスで1つの層。トリプルガラスで2つの層になりますね。


この空気層の底にあるのが、スペーサーになります。
このスペーサーもサッシと同じように、
アルミ製か樹脂製かによって、かなり熱貫流率が変わります。


しかも、そのお値段が一つの窓で差額が2000円程度だそうです。
(ある工務店さんに教えて頂きました。)


この2000円で、熱貫流率が0.2ほど変わってくるので、
コストパフォーマンスとしては、かなり良いようです。


お家を建てられる時に、断熱性を意識される方は、ぜひ
このスペーサーにもこだわってみてはいかがでしょうか。


窓は樹脂サッシで!と頼むだけでは、
アルミスペーサーの可能性もあります。


こだわられる方は、ご確認を!



もう一つおまけが。


LIXILさんのホームページを見ていると、
現時点(2016年8月)で、最高の断熱性能を誇る窓が紹介されていました。


LIXIL
商品名「レガリス」


その熱貫流率は・・


なんと・・・・


驚異の・・・・・
 


0.55!!


・・・すごすぎですね。


お家全部に、この窓をつけたら、
一体、いくらかかるのでしょうか。


ぼくとしては、お値段の方が気になってしまいます・・(>_<)


やっぱり、お家を建てるにも予算があるので、
コストパフォーマンスで考えたいなあ。


今日はここまでです。


今日も読んで頂いて、ありがとうございました。


ちなみに、この「レガリス」さん。
なんと5枚窓なんだそうです。


2枚窓=ペアガラス
3枚窓=トリプルガラス


では、4枚窓や5枚窓は何と読むのでしょうね。


気になって眠れません(>_<)


ではでは。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。