30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

大阪でマイホームを新築するブログ 2017年5月着工。10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

泉北ホームの現場監督Dさん。

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


今日も暑いですね(>_<)
皆さん、お住いの地域ではいかがでしょうか。


さて、我が家を建てて頂いた大阪の中堅ハウスメーカー・泉北ホーム。
新築工事を担当して頂いた現場監督のDさんが我が家に立ち寄って下さいました。


お忙しいのに有難いことです。
ご近所の用事ついでに立ち寄って下さったようです。


連日の暑さのためでしょう。すっかり日焼けしていて現場監督の仕事の大変さが伺えます。お疲れさまです。


我が家は泉北ホームの標準ではない工事が多くありました。
特注サイズの床下断熱、防蟻エコボロン、気密施工、ZEH申請・・。


そんな我が家を無事に完成させて下さいました。


なかでも気密施工に特化していない泉北ホームにおいて、C値0.29の高気密住宅にして下さったのはDさんなくしては困難だったと思います。


気密施工は大工さん・職人さんたちの意識レベル、施工レベルがモノを言います。


これを上げるのは非常に難しいことです。


Dさんには感謝しかありません。


現場の人間と施主さんとの信頼関係が何より大事との言葉には本当にそうだなと思いました。


施主が建築サイドを疑いの眼差しで見ていると良いものはできないと仰っていました。


疑われないように、クレームが出ないようにだけに注意を払っていると、どうしても仕事のパフォーマンスが落ちてしまう。そんな思いを持っていらっしゃいました。


住宅という一生で何度もない高額なものですから、施主も神経質になるのは当たり前ではありますが、建築サイドと施主の両方が信頼し合って良いものを作りあげる。


そんな関係をお互いに築いていくことが良い家づくりにつながっていくのだと思います。


Dさんのお話では、高気密・高断熱にこだわられる方は少数派だということです。


それでもDさんは、特別なことをしなくてもC値0.8~0.9は普通に出せますし、家の仕様(大きさ、配管、窓の種類など)によっては0.5も目指せると仰っていました。


すごく力強いお言葉ですね。
現場レベルでこうした方がいらっしゃるには何とも心強い限りです。


今年は例年以上に暑い夏になっています。
Dさん。体調に気を付けて、これからも良い家づくりをしてくださいね。


くろーばー家族は、Dさんはじめ泉北ホームの皆さんに感謝しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。