30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

石膏ボード、はじめました。② ~新築工事76日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


石膏ボードの作業が進んでいます。


LDKのキッチン方向を撮影。


左側が収納。
下からニョキッと伸びているのが、キッチンのシンクや食洗機の給排水口です。


奥側の黄色っぽい色の部分が石膏ボード施工済み。
手前のベージュ色は未施工で床材が見えています。


右側を撮影。


脱衣室と大型のニッチが目に入ります。


くろーばー家はデザインや見た目に変わっている所は少ないのですが、もし完成見学会があるならば目をひくのはこのニッチになるかもしれません。


そうそう。先日、泉北ホームの設計士さんが書かれているブログを拝見していました。
すると、まったく同じ形のニッチがありました(*^_^*)


有名ブロガー・さすけさんの「ニッチsa」です。僕も完成が楽しみです♪


構造上の問題で出来なかったのですが、本当はもうちょっと改造したかったのです(^0_0^)
「ニッチCL」は実現ならずでした・・残念(>_<)


さらに右側を撮影。階段下の収納です。


リビングは物が多いので散らかりやすい場所です。そのため、小さいながらもアッチコッチに収納スペースを取り付けるようにしました。


設計打ち合わせ時、壁の位置を変えて脱衣室側に収納スペースを設けることも考えました。耐震性を考えると脱衣室側の壁量が重要だったため、そちらを優先しました。


この収納はこれで重宝しそうな気がするので今のところはGOOD!



キッチンから収納方向を撮影。


キッチンのコンロ前に収納の壁があります。
調理時にLD側への油はねなどの心配もなくなり、また耐震的にも良いですね。


くろーばー家ではキッチンに吊り戸棚は設けませんでした。
キッチン前の視線を通るようにすることで、空間が広く見える効果を意識しました。


小さく建てて、大きく見せる作戦です(*^_^*)



キッチンの背面がカップボードを配置できるので収納力としては十分かなと考え、吊り戸棚を廃止しています。


嫁がそんなに背が高い方ではないので(*^^*)


4人家族なので十分だとは思いますがキッチンの使い勝手は、また新居の生活が始まったらレポートしてみたいと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。