30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

セキスイハイムのDM

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


先日の記事でセキスイハイムの営業マンさんとお話した時のことをお話しました。


そこでガッツリ個人情報を取られましたので(*^_^*)
セキスイハイムさんからダイレクトメール(DM)が送られてくるようになりました。


こういうのですね。


セキスイハイムに限りませんが、ハウスメーカーの宣伝って、どうしてこんなツッコミどころ満載なのでしょうか(^_^;)


こんなものを見てしまうと、ツッコミを入れたくなるのは大阪人の悲しいサガ?


たとえば、光熱費の話。


太陽光パネル4kwの家と、9.5kwに蓄電池をつけたお家で、光熱費に142万円の差が出ますよというシミュレーションなのですが・・。



そもそも蓄電池が200万ぐらいかかるのですから、それぐらいは当たり前に得(?)しないとだめでしょ。


むしろ初期投資の額を考えると、損しかないのですが・・。まやかしの数値ですよね。現実的には、100万以上の損になります。


災害時に電気が使いやすくなるというメリットはありますけどね。
(災害によって太陽光パネルや接続に異状がなければという前提ですが)



というか、太陽光パネル4kwも搭載して光熱費が6万7000円もかかるのが悲しいですね。


我が家は年間で9万5000円の光熱費。
太陽光3.52kwで、11万の売電。


つまり、光熱費がマイナス2万円のお家です。


蓄電池もない、
冷暖房はまったく我慢せずに、
しかも、わずか3.5kwの太陽光で、です。


これから家づくりをされる方には、このような広告にだまされずに「小」エネで、快適なお家づくりをして欲しいものです。


今回、だいぶセキスイハイムを批判してしまったので少しフォローを。


以前に記事にしたこともある耐震性が非常に強くなる「ラーメン構造」。
セキスイハイムでは、この構造になっています。


また、ステンレス屋根だったり、外壁もタイルだったりするので、こうした部分の耐久性は高いのは評価できます。




DMなど広告では正しい情報を、お客さんに伝えて欲しいものです。
セキスイハイムに限った話ではなく、どの住宅メーカーでも同じ話なんですけどね(*^_^*)


一条工務店で光熱費で1000万回収できるとか・・。


こうしたウソを見破れる知識を、施主が持たないといけない時代のようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。