30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

どんな工法があるの?② 「柱勝ち」 【新築・一戸建て】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


前回の「どんな工法があるの?①」の記事では、木造住宅や鉄骨住宅の工法について、
大まかな分類をご紹介しました。


今回は、柱の部分に注目した工法についてご紹介します。


一般的な住宅は、「柱勝ち」の構造になっています。
こんな感じですね。


柱と梁(はり)の重なりは、下図のようになっています。


柱勝ちという呼び名より「通し柱を用いている」という言い方で
表現されることが多いかもしれませんね。


通し柱


通し柱とは、1階だけでなく2階まで通した柱のことです。


一般的に通常の管柱を用いるよりも、
通し柱を用いる方が耐震性に優れます。


こういうイメージですね。


日本ではごく一般的な柱勝ち工法ですが、デメリットもあります。
柱と梁の接合部に穴をあけることから、耐震性に影響することです。


また、柱と梁の接合部が一か所に集まっているので、
地震の揺れのダメージが接合部に集中するというものです。


こうしたことから近年の住宅は、金物工法といって
接合部に金物を用いた工法が一般的になっています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。