30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

大建「健やか畳」

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


最近、日が長くなってきましたね。


我が家は太陽光パネルを設置しています。


2月までは午前8時ごろを過ぎないと発電していませんでしたが、最近は朝7時ですでに発電を始めています。


太陽の高度が上がっている証拠ですね。


太陽光パネルは一般的に5月が最も発電する月と言われています。これからの時期の発電が楽しみです。



さて、今日の本題。


我が家には和室が2部屋あります。


1階の和室


2階・主寝室



和室で採用しているのは大建の健やか畳です。
通常、畳はイ草でできているのですが、大建の健やか畳は和紙でできています。


そのメリットは、日焼けしにくいことと、撥水性が高いことによる耐久性の高さです。


先日、子どもが和室で水をこぼしてしまうことがありました。
ちょうど、撥水の状況が分かる場面だったので拭きとる前に写真をパシャリ。


完全に弾いてますね。畳なのにすごい撥水性です。


ティッシュで拭き取ると、どこが濡れていたか分からなくなるほど、撥水性は高いです。


何気ないですが、小さい子どもがいると色々なものをこぼすので非常に助かります。


そうそう。


UVコーティングを施工したフローリングも、相変わらずの防汚性能を発しています。


無垢材の床に比べると少しひんやりしてしまいますが、相変わらずピカピカな床で輝きを保っています。


小さな子どもがいる内は、特に汚れに強い家の仕様になっているとホントに助かります(*^_^*)


早く子どもが分別のつく年になって欲しいと願うばかりです(>_<)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。