30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

泉北ホームは入居宅訪問を推進する!?

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


寒の戻りですね。
大阪では20℃ぐらいまで上がっていた最高気温が、12℃ほどになっています。


我が家の場合、この外気温なら24時間暖房は必要なくなります。朝と夕方に2時間ずつエアコンをかける程度です。


雨が続いたためか花壇に植えたチューリップがグングンと伸びています。4月に入るぐらいに咲くかな。楽しみに待ちたいと思います。


さて、新居が完成してから4ヶ月。我が家では数回、入居宅訪問を受けました。
内1回は引っ越し前なので、「入居宅」かは微妙ですが(#^.^#)


我が家を建てて頂いた大阪のハウスメーカー・泉北ホームは月に数回、完成見学会を開催しています。


私も何十回と足を運ばせてもらいました。


先日、担当営業Mさんから聞いたところ、これから泉北ホームでは入居宅訪問に力を入れていくとのことです。


確かに大手ハウスメーカーでは、モニター契約した施主さんのお宅を見学する会があります。


実際に住まわれている施主さんと話も伺えるということで参考になりました。
泉北ホームもいろいろと販売戦略を考えているみたいですね(^^)


個人的には構造見学会が一番役に立つとは思っているのですが、まあ、玄人向けなのかなあ(>_<)


ともあれ、よりリアルな住まいを見学できる機会が増えるので、家づくりを検討される方は利用されてみてはと思います。


我が家も都合がつけば、ご協力したいと思います。


来週から最高気温がまた20℃を超える陽気になるようです。


春・秋など気候の良い季節では断熱性能が体感しづらいところなので、もし我が家を訪問されるなら暑い夏や寒い冬の時期をオススメします。


先週に来て頂いたYさんで、まだ断熱性能を感じて頂けたのかなと思います。
(最低気温が4℃の日)


住宅展示場のモデルハウスだと冷暖房をガンガンにかけて断熱性能なんて全然分からないですからね。


高気密・高断熱をウリにしている一条工務店のモデルハウスで10台近い室外機(エアコン、床暖房用)がフル稼働しているのを見ると、何だかなと思ったこともありますし(^_^;)


構造見学会では断熱性能は分かりづらいので、入居宅訪問は断熱性能を体感して頂くには良い機会かもしれませんね。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。