30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

高気密のおかげ?

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


2017年10月に完成した我が家。


「C値0.29」
「Ua値0.39」


の、いわゆる高気密・高断熱住宅になります。


隙間相当面積を表すC値0.29という数値は非常に気密性が高いことを意味します。


延床面積31坪の我が家では、家じゅうの隙間を足しても、官制ハガキの3分の1以下の面積になります。


その高気密(=隙間の無さ)のおかげなのか、ふと気づいたことがあります。


新居にうつるまで暮らしていた実家では、部屋のシーリングライトに、いつも小さい虫の死骸がくっ付いていました。


虫の習性で光に引き寄せられるのでしょうね。


年末の大掃除の時にはシーリングライトのカバー部分をはずして、虫を取り除く作業は私の仕事でした・・母は虫が大の苦手でして(*^_^*)


一方で現在の我が家なのですが、住み始めて3か月。


シーリングライトに虫の1匹も付いていません。それどころか、家の中で小バエ1つ見かけたことがありません。


気温の低い冬という季節も影響しているのだろうと思いますが、やはり気密の高さ(隙間の無さ)が影響しているのだろうと思います。


高気密なお家で暮らしている皆さんのお宅では、どのような感じでしょうか。ちょっと興味があります。


ブログをご覧の方で高気密住宅にお住まいの方、情報提供お待ちしています!
・・なんて、人頼みでゴメンナサイ(*^_^*)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。