30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

大阪でマイホームを新築するブログ 2017年5月着工。10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

氷点下!

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


私くろーばーは、大阪に住んでいます。


大阪は太平洋側に面した場所にあり、日本の中でも温暖な地域に属します。
・・温暖なはずです。


この記事を書いている1月13日の本日、最低気温が大阪で氷点下を記録しました。
(寒冷地の皆さまには慣れっこかもしれませんが(*^_^*)


もうかれこれ30年以上、大阪に住んでいますが初めてかも(^_^;)
いやー、笑っている場合ではないですね。外にいると本気で寒いです。


それでも仕事を終えて帰宅すると春のような暖かさ。身も心もポカポカと、幸せな気持ちになります。


改めて気密・断熱にこだわった設計をして良かったと、しみじみと思います。ただ暖かいだけでなく光熱費も安い。


11月の光熱費が7500円。
12月の光熱費が1万円。


我ながら良い家に住まわせて頂いているなと幸せを噛みしめています。


オシャレな家は一時のものですが、光熱費は一生続きますからね。ありがたいことです。



関西電力の「はぴeみる電」は、年間電力料金をシミュレーションしてくれる機能があります。


実際に使用した11月と12月の電気使用料から、年間で使用する電気使用料をシミュレーションしてくれるわけです。


それによると、くろーばー家が1年間にかかる電気代が、



7万8870円!


と、算出されました。
くろーばーの実家で言えば、2か月分の光熱費ですね・・。


これは、「4人家族・オール電化」住宅の平均電気代19万の半分以下、
「4人家族・ガス併用」住宅の光熱費22万の3分の1に迫る光熱費です。


くろーばー家が契約している電気料金プランは、関西電力の「はぴeタイム」というオール電化に特化した契約です。


深夜の電気代が非常に安い代わりに、日中は非常に割高です。


現在、嫁と子どもは日中、在宅の生活です。


これが共働きと保育園の生活が始まると、日中の割高な電気代を使わなくなります。


さらに光熱費が下がることが予想されます。


実際に今年1年間でどのぐらいの光熱費になるか、調べていこうと思います。


改めて思うことは、快適で、経済的なお家になったなと、つくづく感じさせられます。


我が家の建築に関わるすべての皆様に感謝しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。