30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

通風生活によるデメリット?

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


書きたいことが多すぎて、以前の毎日更新のようになっています。
「閉店サギ」批判は・・免れませんね・・(*^^*)


さて、良い気候の季節なのでエアコンもつけずに暮らしています。
家の中で風が通ると気持ちの良い時期なので、窓も全開にしていることが多くなります。


ここでデメリットが起きています。まあ、予想の範疇ではあるのですが。


当ブログで、吸気口フィルターの交換の記事を何度かご紹介したことがあります。


くろーばー家はC値0.29の高気密住宅です。


吸気口をのぞいて家の中に隙間はほとんどありません。


物干しのために掃き出し窓を開閉したり、玄関扉の開け閉め以外では、ほぼすべてが吸気口フィルターを通って室内に入ってきます。


そのおかげで、ホコリ、PM2.5、花粉といったものが室内にほとんど入ってくることがありません。


フローリングはクイックルワイパーで掃除しているのですが、1週間に1度も掃除すれば十分なレベルです。


ですが通風生活を始めた近頃は、そうはいきません。


開いている窓から空気が侵入してくるため、ホコリなどがフィルターを介さずに室内に入ってくるわけです。


そうすると室内にたまるホコリの量が・・すごい!


1週間に1度で十分すぎるほどだった床掃除が、週に2、3回はクイックルワイパーをかける必要があります。


窓を開けて通風し、掃除回数を増やすか。
それとも、窓は閉め切って早めにエアコンを使用するか。


高気密住宅ならではの贅沢な悩みとなりました。
いろいろ試行錯誤しながら我が家にあった生活をしていきたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。