30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

太陽光パネルの売電(3月分) 【高気密・高断熱】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


不定期更新の1回目は、3月の太陽光売電についてです。


我が家の太陽光発電スペック
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
位置・・大阪
方角・・南向き
障害物・・なし
屋根勾配・・6寸勾配
製品・・京セラ「エコノルーツ」
容量・・3.52kw(220w×16枚)
電力買取単価・・28円/kw
電力買取制度・・2017年度FIT(余剰買取)
パネル設置時期・・2017年8月
☆★☆★☆★☆★☆★☆★


3月分の売電です。


売電量・・426kw
売電価格・・1万1928円
(消費税込み)



お~。3月にして売電が1万円を軽く超えました。
3月は非常に晴れの日が多く発電に貢献してくれたようです。


また、いろいろなサイトを見ていると、3.52kwにしては発電量が多いように思います。


日射量が多い大阪という地域柄もありますが、太陽光発電に適した6寸(30°傾斜)の屋根勾配も効果が出ているようです。



これまでの発電量(金額)まとめると、


1月 183kw(5124円)
2月 304kw(8512円)
3月 426kw(11928円)


となりました。


まだ日射量が少ない3か月間なので、1年トータルで、
10万円以上の売電額になるのは間違いないでしょう。




くろーばー家の光熱費シミュレーションは、1年間で約8万円です。


間違いなく太陽光売電と光熱費の収支でゼロエネルギーを達成します。というか、むしろプラスエネルギー住宅になります。


しかも、3.52kwという小さい搭載量で、です。


平均的なサイズ・性能の新築住宅でゼロエネルギー住宅にしようとすると、5~6kw太陽光パネルを積む必要があります。


高気密・高断熱のお家は、こうしたところにも活きてきますね。


本来のゼロエネルギー住宅の意味である、使用電力が太陽光発電量を下回るようになれば良いなと思います。


10年後に電力の固定買取期間が終わるので、その間に蓄電池が安くなれば良いなと期待しています。


まあ、そうならなくても太陽光発電されているお昼間に、我が家の消費電力の7割を占めるエコキュートの給湯を行えば良いので、そんなにリスクもありませんが(*^_^*)


今のところ計画通りのエネルギー需給といった感じです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。