30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪でマイホームを新築するブログ【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

吸気口フィルター①

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


お正月はゆっくり過ごされていますでしょうか。


住宅展示場はお正月からさっそく開いているようで、ハウスメーカーの営業マンは大変そうですね。


さて、年末のお話になります。


新居ですので年末の大掃除もこれといって無かったのですが、住み始めて約2か月が経ちました。


そこで年末の大掃除のかわりに吸気口のフィルターを交換することにしました。


くろーばー家では住み始めと同時に、吸気口フィルターを設置していました。
3M社のフィルタレットという商品です。


泉北ホームの吸気口は大建製です。


吸気口の形状は丸型のため、上記のフィルターを購入したのですが価格が高かったです。


フィルター1枚で約100円。くろーばー家には吸気口が6つあるので1回の交換で600円もかかってしまいます。


そこで、同じく3M社が販売しているエアコン用フィルター(ロールタイプ)を購入することにしました。



3M社のフィルターには、


スタンダード
ハイグレード
プレミアム


の3つのグレードがあります。


今回、購入したのはスタンダードグレードです。



ケースを開くとロール型になったフィルターが出てきました。


元々はエアコン用のフィルターなので、両面テープや交換日時のラベルなどが同梱されています。



さて、ではフィルターを交換していきたいと思います。約2か月で、どれほどフィルターが汚れている(=汚れを捕集している)のでしょうか。


フィルターの購入時は、このような感じです。


フィルター越しに手が透けて見えるほど白いですね。


では、2か月でどうなるか。



いきますよ。



汚いですからね。汚いのは遠慮しておきます、と言う人は見ないでくださいね。




いきますよ・・。




はい!





・・





・・・




・・・・




あれ?




白い・・ですね。



近づいて見てみても、




やっぱり白いですね。
某洗剤のキャッチコピーのように「驚きの白さ」です。


う~ん。我が家の周りは空気がキレイなのでしょうか。他の吸気口を見てみることにします。


一番、汚れていそうなキッチン近くの吸気口を外してみると・・。





お~。驚きの「黒さ」です!!


やっぱりキッチン横の吸気口ですからね。油分などもあるでしょうし。
納得の黒さです。



では、残りの4つ。各居室の吸気口はどうなのでしょうか。
せっかくなので吸気口をすべて並べて比べてみましょう。



・・・と、言いたいところですが長くなってきたので次の記事に続きます。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。