30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

泉北ホームで高気密高断熱なマイホームを新築するブログ 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・ハニカムシェード

吸気口フィルター②

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


吸気口フィルターの続きです。


2か月前、こんな感じだったフィルターが、


こんな感じになっていました。


画像はキッチン横のフィルターです。



さて、では他の吸気口はどんな感じだったのか。


くろーばー家のすべての吸気口を並べてみました。


じゃん♪


上の列が2階の吸気口で、左から、
主寝室(道路に面した東側)、子ども部屋①(中央)、子ども部屋②(西側)


下の列が1階の吸気口。左から、
和室(道路に面した東側)、リビング、キッチン




お~。


見事に真っ黒ですね・・リビングの吸気口を除いて。



角度を変えて撮影。


真っ白の1つを除いて、どれもほぼ同じぐらいの汚れ方でした。


リビングの吸気口フィルターは吸気量を絞っていました。どれぐらいの違いになるかの実験でしたが明確な差が出ましたね。


吸気量は目には見えませんが、この比較実験によってフィルターの汚れ具合で確かめることができました。ちゃんと換気量を調整できていたようです。


さて、2か月でフィルターのこの汚れ。


フィルターが無ければ、この汚れ(=ホコリ、花粉、粉塵、ウイルスなど)がすべて室内に入っていた訳ですね。


気密性の高さと3種換気システム「La-60」のパワーで、計画換気はバッチリになった我が家。


室外から入るホコリは、ほとんどココでシャットアウトされます。空気質が良くなることはもちろん、ホコリが少ないので掃除も楽になります。


知らず知らずのうちに毎日吸っている空気。


こうしたフィルターを通すことで空気質が改善され、住まい手の体調にも良い影響があるのは間違いないと思います。


次回は、吸気口フィルターを交換する様子を記事にしたいと思います。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。