30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

泉北ホームで高気密高断熱なマイホームを新築するブログ 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・ハニカムシェード

くろーばー家、はじめての電気代。

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


新居にお引っ越しをして1か月。おかげさまで室内は快適そのものです。


家の中にいる時間が長い嫁は、真冬だということを完全に忘れてしまっているようです(*^_^*)


ご近所に回覧板をお渡ししに行くときに上着なしで外に出てしまうそうです・・。
いや。めっちゃ寒いですから。昼間でも外気温7℃ですから(^_^;)


あわてて上着を取りに戻るみたいですが(*^^*)


そんな高気密・高断熱な生活を満喫中のくろーばーファミリーですが、11月分の電気代が確定しました。


まずは、くろーばー家のスペック。


4人家族。
嫁や子ども2人は基本的に在宅。
延床31坪の2階建て。
Ua値0.39以下
C値0.29
オール電化
給湯器はエコキュート



ちなみに、4人家族の平均電気料金は年間21万円ぐらいだそうです。
オール電化の家庭で19万円ほど。
*どちらも関西電力の資料より


一か月に均すと1万5000円強になる計算ですね。



さて、くろーばー家の電気代はいくらだったでのしょうか。


不安と期待で一ヶ月が過ぎ、関西電力から届いた、くろーばー家の電気代は・・。



7475円でした。



お~。平均的なオール電化家庭の約半分


ガス併用の家庭を含めると、電気代は同じ条件の家庭の半分以下になります。


ちなみに契約日の関係で(?)、この額は32日分の電気料金です。


とは言うものの、11月はまだ気候の良い季節ですから、これから真冬になるにつれて気温も下がり最も電気代のかかる季節になります。


旧宅と比べて暖房費がどこまで下がるのか、高気密高断熱の真価が問われるところです(*^_^*)


楽しみ♪


関西電力の「はぴeみる電」では、日別の天候、最高気温、最低気温、時間別の電気使用量、その日までの電気料金を見ることができます。


「はぴeみる電」を見ると、電気代のほとんどが給湯器のようですね。シャワーはできるだけ浴びないようにします(*^_^*)


仕事疲れでソファで寝てしまい翌朝にシャワーを浴びた日には、2kw=50円ほど高くなっていました(*_*)


くろーばー家はオール電化なのでガス料金はありません。7475円は消費税や再生エネルギー賦課税も含んでの金額です。


光熱費すべてで7475円は、まずまずお安くなっているのではないでしょうか。


子どもが小さい、まだ暖房をそれほど使わない11月・・という条件もあるので、これから一年間トータルでみていこうと思います。


ともあれ、一生支払い続ける光熱費なので、ありがたいことです。


住んでいた実家では6人家族で電気・ガスあわせて5万円を超える月もありましたからね(^_^;)


くろーばー家では太陽光パネルを3.52kw搭載しています。


ざっくり計算ですが、1kwで年間1000kw発電すると仮定して、3520kwに売電価格1kw=31円をかけて、10万9120円。


今月の光熱費が約7500円。真冬は光熱費が増えることを考慮すると、ちょうどプラスマイナス0になるかな。


実質でZEH(ゼロエネルギーハウス)を達成できそうです。

(もともと太陽光パネルが3.52kwとかなり少ないことがありますが)


節電も心がけていこうと思います(^O^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。