30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

泉北ホームで高気密高断熱なマイホームを新築するブログ 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・ハニカムシェード

進む外構工事②

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


外構工事の記事②です。






施主検査をしている時に、コレは何だ?と言う物がありました。


この時は何に使うものか分かりませんでした。


排水管の位置ではないし、外部コンセントもこんな所じゃないし・・。



???と思っていたら外構工事で謎がとけました。


この画像でお分かり頂けた人はカンが鋭いです。



カーポートの柱まで延びています。


近づくと、こんな感じ。


そう。


カーポートの柱に取り付ける外部照明の電気配線を通すホースだったのです。


電気配線を地中に通すのですね。しかも、カーポートの柱の中を通すのでスッキリした外観になりそうです。


別の配線は門柱まで延びていて、門灯やインターフォンの電源になるようです。



玄関前のアプローチ。



ポーチ部分に1段目の階段が設置されました。その手前のコーンが置かれている場所に、乱形ブロックが設置されます。


玄関前が華やかになりそうです。




給湯器「エコキュート」の基礎部分に青い印があります。


外構のコンクリートがどの位置にくるかが分かります。


雨仕舞のため勾配があります。家側の方が少し高くなっているのが印から分かりますね。




順調に外構工事を進めてもらっている、くろーばー家でした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。