30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

気温、日本一を記録した堺市。そのとき高気密・高断熱のお家では・・

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


さて、昨日。


私が住む大阪の堺市において、同市の観測史上最高となる39.7℃を記録しました。
これは昨日8月22日の日本で最も高い気温でした。


本当に今年は異常な暑さが続きますね。


日本一の気温を観測してしまったということで、せっかくなので我が家の室内気温も計測しておきました(*^_^*)


先日の記事でご紹介した最高気温35℃の日。
夕方4時30分ごろの室内気温は、30.2℃でした。


少し時間が異なりますが今回は夕方6時に計測。


今回、最高気温39.7℃を記録した昨日の室内気温はというと、



30.6℃でした。



比較すると、
外気温35.0℃ → 室内30.2℃
外気温39.7℃ → 室内30.6℃
となりました。


外気温に4.7℃の差があっても、室内の気温は0.4℃しか変わっていません。
この辺りが高気密・高断熱の家のすごさですね。


我が家の建築に携わって頂いた皆様には感謝しかありません。おかげさまで快適な毎日を過ごさせて頂いていますm(__)m


極端な外気温だったので、これ以上ない測定になりました。しかし、半年前までは「最強寒波」と呼ばれた冬だったのに・・。異常気象とはこのことですね。


皆様、くれぐれも体調管理にはご注意ください。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。