30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなる家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・APW330真空トリプルガラス・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

太陽光発電 【11月分】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


冬至から1ヶ月ちかくが経ち、日の出が早くなってきました。
朝日を見ると何だか前向きになれますね。今日も1日がんばろう(^-^)


さて、前回の記事に続いて、我が家の11月の太陽光売電について。


我が家の太陽光発電状況
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
位置・・大阪
方角・・南向き
障害物・・なし
屋根勾配・・6寸勾配
製品・・京セラ「エコノルーツ」
容量・・3.52kw(220w×16枚)
電力買取単価・・28円/kw
電力買取制度・・2017年度FIT(余剰買取)
パネル設置時期・・2017年8月
☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ちょっとピントがボケてますね(^_^;)



11月の太陽光売電は、8680円でした。


秋も深まる11月は、日が出ている時間も短くなるので売電額も落ちますね。
日照時間の短い冬至(12月下旬)に売電額が落ちるのでしょうね。


12月、1月分の売電額は、かなり少なくなるかと思います。
1年間トータルで売電額がどれだけになるかに興味が湧きます。


太陽光発電が投資的な意味で値打ちがあるかどうか。興味のある方も多いと思うので、年間の売電額をまとめるまでは記事にしたいと思っています。



そうそう。


泉北ホーム施主ブロガー・たおさんのお家が、専務まもちゃんのブログで紹介されていましたね。




紹介されている写真はプロが雑誌紹介用に撮影したもの。
たおさんのハイセンスさが分かるLDKですね(*^_^*)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。