30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなる家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・APW330真空トリプルガラス・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

太陽光売電 【10月分】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


暖冬と聞いていた今年の冬ですが・・寒いですね(>_<)


皆さん、お住まいの地域ではいかがお過ごしでしょうか。


大阪の堺市では今朝、-2℃を記録しました。


うーん。

昨年の最強寒波と変わらない気が・・。




さて今回の記事は、我が家の太陽光売電についてです。


少し・・・いや、かなり遅くなりましたが、10月度分から連続して記事にしていこうと思います。アップするのをうっかり忘れていました(*^_^*)


売電を開始したのが2018年1月発電分からなので、2019年1月の売電分までは記事にしようと思います。


近々、ブログの定期的な更新を終える予定なので、太陽光売電の1年間のまとめをしたら太陽光発電についての記事は終了です。


気が向いたら来年以降に、発電量を比較して太陽光パネルの経年劣化について記事にするかも知れません。


前置きが長くなりました。
では、太陽光売電の10月度分です。


我が家の太陽光発電状況
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
位置・・大阪
方角・・南向き
障害物・・なし
屋根勾配・・6寸勾配
製品・・京セラ「エコノルーツ」
容量・・3.52kw(220w×16枚)
電力買取単価・・28円/kw
電力買取制度・・2017年度FIT(余剰買取)
パネル設置時期・・2017年8月
☆★☆★☆★☆★☆★☆★



我が家の10月の太陽光売電は、1万164円でした。


10月も秋晴れで発電量が伸びたようです。また、真夏のように太陽光パネルの温度が上がらず、発電効率が伸びたことも要因でしょう。


10月度はなかなか良い太陽光発電となりました\(^o^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。