30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなる家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・APW330真空トリプルガラス・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

お風呂でヒートショックが起きる?浴室の暖房機は必要?

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


先日、高気密・高断熱なマイホームを建築中のこむぎさんから、ご質問を頂きました。


質問の内容は、
「くろーばー宅では、浴室乾燥”暖房機”を設置していませんが浴室は寒くないですか?」
というものです。


そもそも高気密・高断熱住宅の大事なポイントとして、温度差が少なくヒートショックが起こりにくい家、というものがあります。


では、実際どうなのでしょうか。気になる方も多いと思いますので記録を取ってみました。


我が家は地域区分6地域の大阪にあります。気密性能を示すC値は0.29。断熱性能を示すUa値は0.39です。


この週末は1階・リビングの14帖エアコンで24時間暖房をしています。設定温度は21.5℃。


さて、では測定してみます。まずは、リビングの温度から。


22.2℃!
(なんと覚えやすい気温(*^_^*)



位置関係を間取り図で示すと、以下の通り。


赤色がエアコンで、矢印は気流を示しています。


ピンクの☆がリビングの気温を測定したポイント。


さて、では気になる浴室の温度は何℃か・・・


ジャカジャカジャカ・・・ジャン♪



22.2℃・・・あれ、どこかで見たような(^O^)


一応、温度差が出やすいように浴室の床に直置きして測定してみたのですが、気温変わらずでした。


リビングで測定した後、1分ほど浴室に置いて測定しました。


1分ぐらいでは測定表示が変わらないのではと、撮影したあと10分ぐらい置いていたのですが変化なしでした。


と、いうことで、浴室が寒いということは全くありません。
いや、むしろ0.1℃も温度差がありませんでした(^0_0^)


浴室の寒さを気にされている皆様。


heat20のG2グレード以上、C値0.5以下の住宅において浴室の暖房器具は必要ありません(^o^)/


このことから必然的に隣室にある脱衣室にも必要ないことが分かります。


まあ、そもそも温度差がほとんどないので、家のどこにいても寝転がって読書できます(^o^)
・・・トイレの中では嫌ですが(*^_^*)


というわけで。
以上、浴室の温熱環境でした。



こむぎさんへ。
ステキなお題を頂いて、ありがとうございました(^0_0^)


お風呂や脱衣室の暖房器は要らないみたいです(^^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。