30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

太陽光発電の出力制御。【九州電力】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


13日(日)の本日、九州電力の管内において太陽光発電の売電がストップしました。離島を除いて日本で初めてのことです。


熊本県を除く6県の約43万キロワットもの太陽光売電が出力制御になりました。


九州電力の総供給量が約1300万キロワット。そのうち、太陽光による出力が約600万キロワット。



週末のためオフィスや工場での需要が減り、また、気候が良いので冷暖房での電力授業も少ない。一方で天気が良く発電量が増えるため、需給関係が崩れて、大規模停電になる恐れがあるため。


今回は一般家庭での売電は関係なく、事業所のみの出力制御になります。ただ、今後、さらに太陽光の発電量が増えるなら、家庭用の出力制御もいずれありうるでしょう。


明日14日(日)も九州の天候は良さそうですので、同様の措置になると思われます。
九州は日照時間も長く、太陽光発電に向いている地域です。


さて、この問題をどうクリアするべきなのでしょうか。九州電力だけでなく、国策としてエネルギー問題には取り組む必要があると思います。



家庭用蓄電池の普及なのか。


太陽光発電以外の再生可能エネルギー(風力、水力、波力、地熱・・)への開発、普及なのか。


動力を石油やガスから電気に変えていくか。


電力会社の契約プランを休日や日中、電力が余りやすい時間帯を安くするか。



様々な手法があるはずです。


日本全体で考えていく必要があることなので政治家や官僚、行政の方にはがんばってもらいたいところです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。