30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

太陽光の売電【9月発電分】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


太陽光発電の出力制御の話をした翌日に、我が家の太陽光売電のお話です(*^_^*)
ちなみに、関西電力管内の大阪で出力制御については現在のところ予定はありません。


我が家の太陽光発電に関するスペック
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
位置・・大阪
方角・・南向き
障害物・・なし
屋根勾配・・6寸勾配
製品・・京セラ「エコノルーツ」
容量・・3.52kw(220w×16枚)
電力買取単価・・28円/kw
電力買取制度・・2017年度FIT(余剰買取)
パネル設置時期・・2017年8月
☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今月は絶不調の発電量でした。


その額なんと6244円。
先月の半分ほどの売電金額でした(T_T)


日照時間を調べてみると、

表の一番右側が日照時間になっています。


8月の日照時間が268時間に対して、9月は96.6時間。
3分の1に迫ろうかという少ない日照だったようです。


確かに台風や雨が多かったですもんね。


それでも、年間で11万ほどの売電金額になるでしょう。



年間の光熱費がこのままで推移すれば、太陽光の自家消費を合わせて約9万。


ゼロエネルギーハウスならぬプラスエネルギーハウスの達成です。3.52kwの搭載量で。(5kw~6kwが一般的です。)


現在はFITという固定買取制度があるため高い売電価格になっています。


この期間が終わっても、発電の総量と使用している電力の総量が同じぐらいなので、まさしく真の意味でもゼロエネルギーハウスを達成できそうです。


経済的で、快適、「小」エネ、健康的なお家になったものです。
感謝しています。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。