30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

プロパンガス料金の不透明な仕組み

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


すっかり秋になりました。


近くの公園を歩いていると、鈴虫が鳴いていたり、秋の草花が咲いていたりと季節の移り変わりを感じます。


可愛らしくツユクサが咲いていました。



さて、少し前になりますが、9月2日付けの毎日新聞で下のような記事がありました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
液化石油ガス(LPガス)を利用する賃貸アパートなどの居住者が不透明な料金を払わされているケースがあるとして、資源エネルギー庁は月内にも、消費者を対象にした初の全国調査を実施する。同庁は、業界の一部業者が営業経費を上乗せして「ガス利用料」を請求しているとみている。同庁は業界に是正を求めており、実態調査を通じて消費者に注意を促す狙いがある。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


<エネ庁>LPガス全国調査へ 利用料金「不透明」上乗せも(毎日新聞) - Yahoo!ニュース



結婚する前にひとり暮らしをしていた時、プロパンガスの賃貸ハイツに住んでいたんですけど、まさしくこのケースでした。


ひとり暮らしなのに、月に8000円もガス代がかかっていたのです。あまりにおかしいのでインターネットで調べてみると、上記のような実態があると当時に知りました。


一戸建てのマイホームを持たれる際には、ガス併用住宅かオール電化にするかという大きな選択肢があります。


調理方法や災害リスク、月々の光熱費、将来のメンテナンス費用などなど、しっかり検討してください。


プロパンガスしかない地域であれば、基本的にオール電化をおススメします。かなり光熱費が変わってくると思うので。


近年、電力やガスの電力自由化もあったので、電力会社・ガス会社の料金などを見て検討してみてください。毎月にかかる固定費なので大きくライフプランが変わってくると思いますよ。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。