30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

この暑さ。玄関ドアは大丈夫!?

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


暑くて子どもたちを、あまり外で遊ばせることが出来ません。
あまり室内に閉じ込めておくと、子どもたちの暴動が起きます(-_-メ)


そこで、朝の8時に近所の公園に連れていきました


この日は地域の盆踊りがあるので櫓が建てられていました。


子どもたちも興味深々のよう(*^_^*)



さて、泉北ホーム施主友のたおさんが玄関ドアの温度測定をされました。たおさん邸で採用されているLIXILの「アヴァントス」は高級感のある玄関ドアです。


我が家のご近所さんでもアヴァントスを採用されているお家があり、前を通るたびにステキだなと魅入ります。


この夏の暑さのため直射日光を受けると表面温度が72℃、ドアの取っ手も50℃以上になると、たおさんの記事にありました。


表面が鏡のようになっているのと、色が濃い色なので表面温度が上がってしまうようです。


我が家も東向きの玄関ドアで、YKKのイノベストD50です。


日陰部分の表面温度は42.7℃ですが・・。


直射日光を受けた取っ手は54.7℃まで表面温度が上昇していました。


熱くて握れないことはないですが、じんわりと熱いです。



ちなみにすぐ横の外壁は、58.4℃。


KMEWの光セラというサイディングなのですが、玄関ドアと同じく熱くなっています。


ちなみにコレ、朝の8時ごろに撮影したものです。


我が家は東向きの玄関なので、まもなく玄関は日陰になるのですが南側に玄関があるお家とか大変かもしれませんね。


南側の場合、玄関上に庇や下屋などを設ける方がよいでしょうね。東西向きの場合は、庇などでは防げないので玄関ドアの採光部は小さめにする方がよいかも。


こう考えると玄関は北向きの方が良いのかもしれませんね。南側は庇や下屋で日射を防げる分、東西向きよりは対応策はありそうです。
うーん。でも、我が家は土地的に無理でした(^_^;)



YKKやリクシルの玄関ドアは、ポケットキーやカードキーが使えるようになっています。


電子錠になっているので、こうした直射日光によって電子機器に故障が起きないかが少し心配になりますね。


YKKやリクシルの社員さんが当ブログをご覧になられていたら、耐熱温度について教えて欲しいです(>_<)


たおさん邸で採用されているアヴァントスは鏡面のようになっているので、表面温度を測定すると暑くなっていますが内部はそこまで高くなっていないと思います。


アヴァントスを採用されている方や検討されている方は、あまり深刻にならないようにお願いします(*^_^*)


そもそも、午前8時にして気温が30℃を超えているのは異状ですよね。
幼い我が子たちの外遊びも30分が限界です・・親の方はもっと限界(*^_^*)


遊び終えたあとに高気密・高断熱のお家が待っているのは、ありがたいことです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。