30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

夏の温熱環境⑤ 比較してみる。【高気密・高断熱】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
お日様のような暖かい心で人に接したい、くろーばーです。



ヒマワリのように、そこにあるだけで人を励ませるような存在になりたい(>_<)


ついでに、生い茂るほどのヒョウタンも見てきました。


緑に囲まれていると心が癒されます。



さて、先日からご紹介している、くろーばー家の夏の温熱環境について。


午後1時~午後1時30分に1回目の温度測定し、
午後4時~午後4時30分に2回目の温度測定をしました。


その温度上昇についてまとめてみました。


左側が午後1時台、右側が午後4時台の測定結果です。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


1階 室内気温
29.6℃ → 30.2℃


2階 室内気温
29.8℃ → 30.3℃


1階 床
27.5℃ → 29.8℃


1階 天井 
28.2℃ → 30.4℃


2階 窓(北面)
ガラス 
31.3℃ → 32.1℃
サッシ 
31.3℃ → 31.9℃


2階 床
29.6℃ → 30.4℃


2階 天井
30.4℃ → 31.0℃


屋根裏
29.8℃ → 31.8℃


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ざっと、こんな感じです。



泉北ホーム施主友のたおさんが自邸の温度測定を行って頂いています。
午後4時時点の温度を比較してみます。


たおさん邸は3階建てなので、一概に比べられないのですが比較の目安として頂ければ。



左がくろーばー家、右側がたおさん邸の数値です。


最上階の室温
(くろーばー家は2階、たおさん邸は3階。)
30.3℃ ⇔ 31.8℃


最上階の天井温度
(くろーばー家は2階、たおさん邸は3階)
31.0℃ ⇔ 33.5℃


窓(南面)ガラス面
33.2℃ ⇔ 35.7℃



また、この結果とは別に、たおさんは後日にエアコンなし・窓を閉め切りで温度測定をされたとのことでした。


その結果がコチラ。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★
最高気温33℃。
リビングの午後4時半の室温が30.7℃。天井が32℃。
3階廊下も同時刻、窓は閉めた状態で30.3℃、天井が30.7℃でした。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★


エアコンと窓の条件が同じで、この時の室温がくろーばー家とほぼ同じぐらいのようです。


大ざっぱに表現すると、たおさん邸とくろーばー家の温熱環境のちがいは外気温3℃相当ということになりそうです。


断熱仕様の比較
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
左がくろーばー家の仕様。右がたおさん邸の仕様。


屋根断熱
フォームライト230mm⇔140mm(一部80mm)



APW430(トリプル・アルゴン)⇔サーモスX(ペア・アルゴン)


壁断熱
フォームライト140mm⇔80mm


床下断熱
フェノバボード120mm⇔モコフォーム90mm


玄関ドア
イノベストD50⇔アヴァントス


気密
C値0.29⇔約1.5
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 


APW430をはじめ、これら断熱・気密の関わる部分でのオプション費用差だけで200万以上が変わっているので、この辺りの費用対効果をどう考えるかですね。


コスパ良く快適なお家づくりをしたいものです。
たおさん、ステキな比較実験(?)をありがとうございますm(__)m






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。