30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

大阪でマイホームを新築するブログ 2017年5月着工。10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

夏の入居宅訪問。

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


近畿地方は台風12号が過ぎ去り、朝方は涼しい風が吹いていました。
・・日中は相変わらずの猛暑日でしたが(^_^;)


12号は迷走台風のようです。九州にお住まいの方は雨・風の対策を十分にされて下さいね。


この週末、我が家では入居宅訪問がありました。


二世帯住宅を検討されているご家庭で、ご夫婦と娘さん、カワイイお孫さんで来てくださいました。


奥さまと娘さんのお二人がお互いに見ていると知らずに、当ブログをご覧になられていたそうです。


嬉し恥ずかしですが何かのお役に立てば幸いです。


ご主人は電気関係のお勤めで、可動式のコンセントについて教えて頂きました。


注文住宅で後悔ポイントNo.1と言われるコンセント。可動式なら、そのリスクも下げられるかもしれませんね。


現在は廃盤になっているそうですが、Panasonicさん。新しく開発してみませんか?可動式コンセント(*^^*)


今回の訪問では奥さまと娘さんを中心にお話しました。


キッチンや浴室、洗面、トイレといった住宅設備や収納に目が向かれていました。女性目線はやはり男性とは違いますね。


・・もうちょっとデザイン等にもこだわれば良かったかなあ(^_^;)


光熱費についてのお話をご主人と少し。月に2万円以上の電気代がかかるということでした。


ちょうどパソコンを用意していたので関西電力のハピe見る電で、我が家の光熱費の実際を見ていただきました。


このまま推移すれば、太陽光発電の自家消費分を入れても年間8万円ほどです。 


基本的に節電とは無縁で、(躾のために電気は消しなさいと子供には言いますが(*^^*)
冬場は24時間連続の全館風暖房。
夏場は日中は1階、夜間は2階をフロア全体の冷房を行っています。


これで8万円で済むのでライフプランとしては非常にありがたいですね。


建て替えない限り住宅には光熱費は一生付きまといます。どうぞ良い家をお建てくださいね。


休日の我が家は、日中を1階で生活するので2階のエアコンは使用していません。


今回、入居宅訪問があったので2階も冷房するにあたって、2階主寝室にある6帖用エアコンで2階すべてを冷房できるか実験してみました。


結果は可能だということが分かりました。


が、主寝室は隣室との間に防音用にグラスウールを施工していることもあり、主寝室が冷えすぎてしまうということも分かりました。


これは予想していたことですが、2階全部あるいは全館風に冷房するには、廊下・ホールにエアコンを設置するのが我が家では一番良いです。


吹き抜け&シーリングファンがあれば最も効率良くなるのですが。


と、ついつい性能や効率を考えてしまうのですが、今回は女性の視点・目線に私が勉強させて頂いた入居宅訪問でした。


お疲れさまでした。良い家をお建て下さいね(^o^)/


説明が足りないところがあれば、またコメントでお知らせ下さい。知識の及ぶ限りでお応えできればと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。