30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

大阪でマイホームを新築するブログ 2017年5月着工。10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

夏の温熱環境① 【高気密・高断熱】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


この異常な暑さは、いつまで続くのでしょうか?


半年前の冬は最強寒波と呼ばれた寒さだったのに・・。この夏は最強熱波とでも呼びましょうか(>_<)


昨年の秋のうちに高気密・高断熱の我が家に引っ越して良かったなと心底思います。


さて、これ以上ないほどの酷暑という条件を使って、我が家の温熱環境を測定してみました。


【測定条件】


測定日
2018年7月31日


測定時刻
①午後1時30分から午後2時
②午後4時から午後4時30分


天候
晴れ


測定場所
大阪府堺市くろーばー宅


エアコン
測定の18時間前より稼働なし。



午前7時より閉め切り


外気温(測定時)
日なた 39℃(暑い!)



日陰 36.8℃


ちなみに大阪・堺市の気象情報では最高気温35℃、最低気温26℃の一日でした。


次に、室外の表面温度を測定しました。
外壁です。


北面(日影) 38.7℃


南面(日陰) 41.3℃




南面(日なた) 46℃






おまけ


道路のマンホール 61℃




室外の温熱環境は以上です。
次回は同時刻の室内の温熱環境について記事にします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。