30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

4月の光熱費 【高気密・高断熱】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


4月分の光熱費がでました。


まずは、くろーばー家のスペックから。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
〇延床31坪
〇2階建て
〇4人家族
〇日中は家族が仕事&保育園
〇オール電化住宅(ガス代なし)
〇断熱・気密性能(Ua値0.39、C値0.29)
〇日射取得は2階のみ届く
〇大阪(気候区分6地域)
〇出不精で在宅時間が非常に長い
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


220kw使用の5922円でした。


これは29日間の仕様なので、
31日換算にすると、6330円。


太陽光発電の自家消費が200円ぐらいなので、
ざっと、6500円ぐらいの光熱費でした。


4月はエアコンを使わなかったので、あとは、給湯器にかかる電気代が
気温・水温の上昇とともに安くなるのを待つばかりですね。


がんばれ、エコキュート(^o^)/



これで11月から4月までの半年間の光熱費が、
トータル5万円になりました。


年間トータルのシミュレーションは、約8万。
あと3万円の余分しかありません。


が、冷房費は暖房費に比べてはるかに安いこと。


我が家の光熱費の7割を占める給湯器がエコキュートのため、
水温と気温が上がる夏場は、とってもエネルギー効率が良くなること。


これらを考慮すると、年間の光熱費8万円は達成できそうです。
高気密・高断熱住宅の成果が出ていますね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。