30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

APW430+

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


現在、樹脂窓でコストパフォーマンスが良いと言えば、YKKのAPWシリーズかと思います。


性能だけでいえば、エクセルシャノン社のシャノンウィンドや、リクシルのエルスターXなどもありますが、コスパを考えるとAPWが強いんですよね。


建築会社の掛け率によるとは思いますが。


さて、YKKの樹脂窓APWですが、神崎先生のブログを見ると、「APW430+」なるシリーズが販売されたとのこと。


YKKのホームページを見ると、


最高の断熱性能を持つAPW430(クリプトンガス入り)と、
通常のAPW430(アルゴンガス入り)の中間性能がAPW430+というもののようです。


中空層のガスはアルゴンのままで、窓枠(サッシ)内に断熱材を入れた仕様になります。


断熱性能と価格が、クリプトンガス入りとアルゴンガス入りの中間になるようなので、通常仕様のAPW430を超えたいが、クリプトンガスよりは予算を抑えたい方に向いているのではないでしょうか。


熱貫流率であらわすと、


APW430クリプトンガスが、0.78。
APW430+が、0.84。
APW430アルゴンガスが、0.9(←くろーばー家はコレ)


と、なります。


性能を追い求める方には選択肢の一つだと思います。


一方で、やはり建築に当たって予算というものがあります。
トリプルガラス窓という時点でも、コスパ的にはまだまだな建材です。


430+は、まだちょっと、これからかなあという感じがします。


ここに数十万を出すなら、まず熱交換型の1種換気にしたり、
玄関ドアをガデリウスやイノベストD70などの高断熱仕様にする方が良いでしょうね。


まあ、選択肢が増えるというのは良い事です。


YKKさん、頑張れ(^o^)/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。