30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

2月の電気代 【高気密・高断熱】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


2月の電気代(=光熱費)が出ました。


まず、我が家のスペックから。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
〇延床31坪
〇2階建て
〇4人家族
〇日中は在宅(妻・子ども2人)
〇オール電化住宅(ガス代なし)
〇断熱・気密性能(Ua値0.39、C値0.29)
〇日射取得は2階のみ届く
〇大阪(気候区分6地域)
〇出不精で外出頻度は非常に少ない(*^_^*)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


で、気になる光熱費はと言うと。


9181円


でした。


1月に比べてかなり安くなっていますね。


この9181円は28日間の電気代なので、31日分として計算すると、


10165円


になります。


最も光熱費のかかる1月や2月で、この金額。家計的に非常に助かります。気密・断熱の良さが活きていますね。


11月に引っ越してから、我が家にかかった光熱費は以下の通りです。
*関西電力「はぴeみる電」より掲載



11月分(10月使用分)は、引っ越し前なので金額が安くなっています。
使用した月の金額を書くと、


11月・・7475円(295kw)
12月・10189円(456kw)
1月・・10245円(456kw)
2月・・・9181円(418kw)


と、なります。
(使用日数は上記の表の通り)


関西電力の「はぴeみる電」には、実際に使用した電気代から1年間のシミュレーションができる機能があります。


我が家の電気代シミュレーションは以下の通り。



年間の電気使用量シミュレーションでは、


となり、1年間の電気代(=光熱費)が、約8万円と算出されています。


すでに4か月分の電気代が確定したので、このシミュレーションが大きくずれる事はないと予想されます。


実家では年間で40万円ほどが光熱費として支出していたので、家計としては大助かりです。
*実家では7人家族、延床50坪のスペックですのでサイズ感は違いますが。



これから家づくりを検討される方は、快適で、家計に優しい、高気密・高断熱なお家を建てられることを強くおススメします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。