30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

吸気口フィルター交換

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
ホワイトデーに何をプレゼントすれば良いか分からない、くろーばーです。


女性はチョコレート。では、男性は? センスがないので分かりません・・(>_<)


さて、新居に住み始めて4か月が経ちました。新しい生活にも慣れ、新居も我が家と実感できるものになっています。


住み始めて2か月がたった時に、吸気口のフィルターを交換しました。


さらに2か月が経ったので、フィルターを交換してみることにしました。さて、どうなっているでしょうか。


2か月前に交換したフィルターは下の通り。



2か月が経つと、こうなります。


わ~。真っ黒ですね(^_^;)



真上から見ると、こんな感じ。



フィルターを取ってみると、


ホコリがたまってフィルターが真っ黒になっていることが分かりますね。



左下のフィルターは大建の標準フィルターです。これも、黒ずんできました。


しかし、集塵能力が高いため3M社のフィルター(画像の右側)の汚れ方がひどいことが分かります。


しっかりホコリや花粉を防いでくれているようです。


実際、お家の掃除をしていてもホコリの量が、以前住んでいた実家とは、まるきり違います。


掃除の手間も省けるし、健康にも良いしで、フィルター様様です。我が家にある吸気口は全部で6つ。すべてフィルター交換するのに10分ほどです。


少しの手間はありますが、空気質の向上と掃除の負担が減るので、フィルター交換は2か月に1度ペースで続けていこうと思います。


3M社のフィルターを使用していますが、1枚物だと単価が高いです。1枚で100円以上してしまいます。


なので、エアコン用ロール式のフィルターを使用しています。これは非常に安くつきます。


自分でカットする手間はかかりますが、1枚20~30円ぐらいになるので手軽にフィルター交換することができます。


おススメです♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。