30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪でマイホームを新築するブログ【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

入居宅訪問①

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


今日は雪が降るのは1年に1度ほど。雪が積もるのは数年に1度。
そんな温暖な大阪の地で、今日は雪が積もりました。


と言っても薄く積もった程度なのですが、我が子たちはさっそく小さい雪だるまを作って楽しんでいました。


さて、本題。


家づくりを具体的に始めると、たくさんの事で悩みますよね。


予算。
地盤。
耐震性。


デザイン。
通風。
防音。


シロアリ対策。
駅や会社、学校までの利便性。
間取り。


メンテナンス費
土地柄。
住宅ローン。






ちょっと思いつくだけでも、山ほど出てきます。
そして、住宅メーカーと契約する前後で、その悩みは最大に大きくなるように思います。


契約前は、この選択で良かったのだろうか。
契約後は、自分たちの思い描いた家にするために。



当ブログの読者の方は、家づくりや断熱・気密、あるいは泉北ホームの建てる家について興味がある方が多いのではないかなと思います。


実際、泉北ホームを検討されていて(あるいは契約されて)、実際どのような住み心地なのか、どんな家になるのかについて興味を持たれる方は多いようです。


つい先日も泉北ホームで契約されたご家族の方が、わざわざ我が家に来られました。
これでお家が完成してから我が家を案内するのは3家庭目になります。


最強寒波が来ている、この真冬。


今回、我が家に来て頂いたご家族には断熱性能について、最も体感して頂けたのではないでしょうか。


やはり、どれだけC値やUa値についてブログで文章にしても、体感に勝るものはないですからね。


住宅展示場などのモデルハウスで体感できれば良いのですが、夏涼しい・冬暖かいかどうかは分からないですよね。


エアコンが何台も稼働していれば、断熱・気密が弱くても温度調整は出来てしまいますから(^_^;)


今回、来て頂いたご家族は、ご主人が霜焼けに悩まされ、お子様の鼻水が止まらない状況だということです。


現在お住まいのお家の断熱・気密性能が悪いことが原因のようです。
我が家の実家も断熱・気密の性能が悪いので話が盛り上がりました(*^_^*)


家の中にいるけど外出用のコートを着て生活しているとか、低断熱の住宅あるあるですね。共感しまくりでした(>_<)


是非にも、高気密・高断熱で快適なお家に住んで欲しいなと思います。


我が家で体感して頂いた状況はいつも通りです。


1階のリビングにある14帖用エアコン(21℃設定)の1台のみ稼働。(24時間連続暖房)


いつも自分自身が家の暖かさについて書いているので、もし良かったらコメント頂けたら嬉しいな。(と、さりげなく要求してみたり(*^_^*)


だって、私が暖かいと思っていても、私個人だけの感想かもしれないですしね。一応、数値ではご紹介していますが、やっぱり複数の方の感想があると、信憑性というものがありますし(^O^)


是非ともコメントお待ちしています(^_-)-☆
(だから人様にコメントを要求するなと・・(>_<)


・・・


と、この記事を書いているところに、我が家を訪問されたご家族からメールを頂きました。許可を頂きましたので、ご紹介したいと思います。


少し長くなってきたので、次回の記事でご紹介したいと思います。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。