30代サラリーマンが高気密・高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

大阪でマイホームを新築するブログ 2017年5月着工。10月完成。Ua値0.39。C値0.29。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

遮像カーテン

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


我が家のカーテンは、泉北ホームと提携しているオーダーカーテン専門店「ルームワン」さんに施工して頂きました。



そのほとんどが断熱性能で最高を誇る「ハニカムスクリーン」です。



ハニカムスクリーンは高価なカーテンです。


予算削減のため子ども部屋にはカーテンレールのみ施工してもらい、カーテン自体は未設置のままでした。



子どもが幼く、実際に子ども部屋を使うのは10年も先のことです。


そのころには子どもたちも自分の好みが出てくるでしょう。


その時に改めてしっかりしたカーテンを購入することとし、その時までのために最も安いカーテンを量販店で購入してきました。


またまた「お、ねだん以上。」のニトリ製です。


改めて感じたのが、既製品の安いカーテンとオーダーカーテンでは全く質が違いますね(*^_^*)


*ルームワンさんに施工してもらった掃き出し窓のカーテン


また機能性もまったく違います。


レースカーテンは薄手の生地なので、外から見た時に中が透けて見えます。


ルームワンさんに依頼したレースカーテンは遮像の機能を持つカーテンです。


そのお陰で室外から室内がほとんどみえません。



光源となるシーリングライトは、さすがに見えてしまいますが、それ以外は遮像されています。


くろーばー家はレースカーテンのある窓は道路に面しているため人の目があります。プライバシーのため遮像機能は非常に良いですね。


遮光タイプでも視線は防げますが採光も遮ってしまいますので、使い勝手の良いレースカーテンになっています。


以上、遮像タイプのカーテンについてでした。



子どもが大きくなったら子ども部屋のカーテン、どうしようかな~。


泉北ホームのモデルハウスで見かけた、このロールカーテンなんか娘の部屋に良いかもと思っていたりします。


こんな記事を書きつつも案外、あらためてハニカムスクリーンを採用するかも知れませんが(^0_0^)


その時はルームワンのHさん、また宜しくお願いしますね(^_-)-☆

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。