30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

異臭騒ぎ(^_^;)

こんにちは。こんばんは。おはようございます。


師走ですね。


今まで寒さが厳しくなるのは嫌でしたが、今は断熱性能を知りたいとワクワクしている、くろーばーです。



UVコーティングを施工した日のこと。


UVコーティングは2種類の溶剤を使用するため、施工中は有機溶剤の強烈な匂いが発生します。


ニスとかシンナーとか、そんな匂いです。その匂いが外部の一方方向に出ると大変なので、窓や玄関扉は締め切っていました。


ところが施工が始まると、異臭がするとお隣の家の方から連絡が入りました。


窓も玄関扉を閉めているのに、なぜ?


24時間換気も電源スイッチをOFFにしているのに・・・あれ?換気ファンの音がする。


ここで、くろーばー家特注の24時間換気機器「La-60」(日本スティーベル社)が稼働している事が判明。


スイッチをOFFにしていても換気が稼働している事が分かったため、分電盤のブレーカーを落としました。


→後日、現場監督Dさんと電気工事の方に確認して頂きました。スイッチは電源のON・OFFではなく、デマンドモード(風量を自動で選ぶか、手動で選ぶか)のON・OFFでした・・。Dさん、お騒がせしてすいませんでした(>_<)



ようやくLa-60は止まり、さらに養生テープで換気口を目張りをして、お隣の方にご迷惑がかからないように措置。


お隣の方から連絡を頂いて、すぐに謝罪に走ったのですが大変申し訳ないことをしてしまいました。



後日、多方向に少しずつ換気するようにしました(>_<)


とんだ騒ぎにビックリでしたがLa-60の高性能さと、監督Dさんに施工して頂いた気密レベルの高さが証明された事件でもありました。


やっぱりLa-60は、弱モードで十分ですね(*^_^*)
→後日談。弱モードでも強すぎるのでデマンドモード(風量自動運転モード)で運用しています。また、この話は後日に記事にしたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。