30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

キッチンが入りました。 ~新築工事112日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


キッチンが設置されました・・といっても養生されているので、まだ見えづらいですが(*^_^*)



ノーリツと業務提携したトクラス製のキッチンです。



トクラスが事業規模を縮小していく見込みのため、現在は泉北ホームの標準から外れています。


トクラスのウリは人造大理石。


シンクと台の継ぎ目が職人によって磨かれ一体化しているのが特徴です。


ステンレス素材のキッチンに比べると、カラーバリエーションを楽しめるのがメリットの一つ。


ステンレス製より傷つきやすいようですがトクラスのキッチンの場合、傷がついた時は少し削ることで修復可能という面もあります。


くろーばー家では上記の画像と同じくハイバックカウンターの形状で、グリーン色を採用しました。


少し子供っぽい色あいですが毎日の単調な家事でも元気が出そうだと、嫁と選びました。


シンク、台、排水口に継ぎ目がないため、清掃性が高いのも気に入っています。


レンジフード部分。


換気扇と吸気口を近づけ、換気のショートサーキットを故意に起こさせるようにしました。


こうすることにより調理の匂いはすぐに排出されるだけでなく、冷暖房した室内の空気を無駄に捨てることも減り経済的です。


壁の白色の部分は、キッチンパネルです。


キッチンパネルはクロス(壁紙)とは異なり、ツルツルした素材です。そのため油汚れも吸収することなく、汚れをふき取ることが出来ます。


キッチンパネルの標準施工はもう少し面積が狭いのですが、IC担当のOさんが機転を利かせてくれて窓の位置までキッチンパネルを施工して頂いています。


見た目にもキレイですし、クロス職人さんの手間も省けますし、清掃性も上がるし、Oさんの機転に感謝です(^O^)


カップボードはまだビニールで覆われています。
(というか、クロス職人さんが養生してくれているのかも?)


また近々、公開します。


大手ハウスメーカーではカップボードはオプション扱いになっている場合がほとんどです。


カップボードだけで30万ぐらいかかってしまうので、泉北ホームの標準仕様のレベルの高さがうれしいですね。


山本社長のトップセールスが効いてますね(*^_^*)



現在の1階・LDKは、こんな感じです。



収納も扉が取り付けられていますね。



コンロ裏(前?)収納の扉は観音扉。


開いてみると


可動棚の設置は、これからだったみたいですね。


穴があいていますね。


ここがインターネット線や電話線の引き込み口になっています。



すでにLDKの天井は全面にクロスが貼られています。


キレイに貼って頂いていますね。職人さん、ありがとうございます(^o^)/


よーく目を凝らしてみると、小さな穴のような所がいくつかあります。
これはダウンライトの設置場所になります。



階段下の収納。


可動棚はこれからの設置。


階段の形状がストレート型にしているため、階段下の収納が高い位置まで使えますね。
収納力が良い感じです。



長くなってきました。今日はここまで。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。