30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

フロアコーティングの検討

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


下の画像は有名ブロガー・さすけさんの自邸リビングです。



吹き抜け、高所窓、シーリングファン、高い天井高、備えつけのテレビ収納(鏡面仕上げ)などなど書いていくとキリがないほど、ステキなリビングです。


で、その中で今回注目したいのが床です。


レースカーテンやテレビの影が床に映り込むほどに床がピカピカしています。これは床が光っているのではなく、UVコーティングによる反射です。



で、今日のお題「フロアコーティング」になります。



フローリングは年数とともに傷や汚れが生じます。そのフローリングを保護するのがフロアコーティングになります。


ワックスを塗るのが一般的な方法ですが効果の期間が短く、何十年も塗り続けるのは中々大変です。そこでフロアコーティングのメリットが出てくるわけです。


フロアコーティングと一口にいっても、たくさんの種類があります。


①アクリル系(ワックス)


いわゆる通常のワックスで価格は安いです。ただし、耐久年数は2年以下。水や洗剤でも溶けてしまうため耐久性が弱い。



②ウレタン系コーティング
価格は標準。耐久年数は5年程度。アルカリ系の洗剤などで溶けてしまう。



③ガラス系コーティング
価格は比較的に高め。耐久年数は10年以上。水や洗剤、溶剤に強い。ペットの傷にも強い。最も硬い。



④UVコーティング
価格は最も高い部類。耐久年数は20年以上。水、洗剤、溶剤、摩擦、熱、ペットによる傷に強い。硬い。




それぞれの枠組みの中でもフロアコーティングの施工会社によって、品質のばらつきはかなりあるようです。





今回、くろーばーが見積もりをとったフロアコーティングは3社。



1社目は、泉北ホームと提携している施工会社「ジャパン・コーティング・デザイン」さん。




今まで気づきませんでしたが泉北ホームのモデルハウスにもパンフレットが置かれていました。



ガラスコーティングを取り扱っています。



気になる見積もり額ですが、2種類の見積もりを出してくれました。


1つ目。通常のガラスコーティング。


施工する場所はくろーばー家のフローリングになっている場所すべて。
*玄関ホール、LDK、すべての収納、階段、子ども部屋×2、2階廊下



見積もり額は・・・31万強。


やっぱりフロアコーティングは高いですね(>_<)



2つ目の見積もりは、銀イオンなどの付加価値を付けた上位クラス。




見積もり額は、35万円超え(T_T)




くろーばー家の財布には厳しいようで即時に撤退です(T_T)/~~~




次に検討したのが、EPコートという主にガラスコーティングを扱っている会社「ジェブ」さんです。


ガラスコーティングには自信のある会社のようで、最上位のUVコーティングさえしのぐ耐久性を持っているとのことでした。


実際に営業マンに来ていただきお話を伺いました。


施工する場所は先ほどと同じ場所。ただし階段は施工しないということでした。


理由を教えてくれなかったので、もしかしたら何かしらのデメリットがあるのかもしれません。UVコーティングに比べて滑りやすいのかな。


見積額は33万3200円。ここから値引きをして頂いて、30万1760円になりました。


先ほどの泉北ホームと提携している会社も営業マンに来て頂いたら、こうした値引きがあったかもしれませんね。


後日に連絡があり、さらにサービスのお話が。


浴室・脱衣室・トイレ・キッチン・全収納・クローゼット・シューズクロークといった場所をすべて防カビ抗菌コーティングするサービス(>_<)


これって先ほどの会社の上位グレードと同じことをサービスでしてくれているのでは・・。さらには、キッチン・洗面室・トイレ・浴室のフッ素コーティングまでサービス。


見積もり額がさらにサービスの、27万1000円!


キッチンや浴室のパッキン部分は年数が経つと、どうしてもカビなどの汚れが目立ちます。この対策はかなり良いように思います。価格も現実的な価格になってきました。





さて3社目。


くろーばーの中で本命のフロアコーティング会社「エコプロコート」さんです。


というのも、一番最初に書いた「さすけさん」のご自宅で仕様されているのが理由の一つ。


また最も性能の高いUVコーティングでありながら、見積もり額が最もお安くなったこともあります。


見積もり額、24万6781円。


施工場所は階段・収納を含めてすべてのフローリング部分。



先ほど書いた、さすけさん。


自邸のUVコーティング施工を通じてエコプロコート営業さんと仲良くなり、自身のブログで「エコプロキャンペーン」をするほどになりました。


くろーばーが今回一押しなのも、実はそのキャンペーンを使った申し込みだからなのです。


この約24万の見積もりの中にサービスで入っている収納の防カビコーティングやトイレの壁紙コーティングは、キャンペーンの一環です。


また「さすけのブログ見たよ、キャンペーン。」のすごい所は、50人に1人に10万円のキャッシュバックまで付いている事です\(^o^)/


何だか書いていてテレホンショッピングみたいになっていますが(^_^;)
本当のことなのでご安心を。2017年9月現時点でまだやっているので、興味のある方はさすけさんのブログをチェックしてみてください。


一条工務店 さすけ ブログ


と検索すれば出てきますので。




先ほどのさすけさんのお家はUVコーティングを施しているので、床面にピカピカした光沢が生まれています。




くろーばーはこうした質感が好きですが、中には光沢を「テカテカ」と感じてイマイチと思われる方もいらっしゃると思います。


そんな方には光沢を抑えてたエコプロコート・ゼロという商品が新しく出たようです。見積もり額は、くろーばー家の同じ施工範囲で26万3477円でした。


20年以上の耐久性を持つコーティングを施工したいという方にはエコプロコートのUVコーティングはおススメです。


フロアコーティング、特にUVコーティングやガラスコーティングは安い物ではありません。


しかし、20年以上にわたって何度もワックスをかける手間を軽減すことができ、傷・汚れを防いでくれる価値は十分にあると考えています。


実は昨年までは20万も30万も使ってフロアコーティングするなら、20年後にフローリングを張り替えた方が安いのではないか、と考えたこともあります。


実際問題、これは難しいことに気づきました。


全ての家具をどけてフローリングを張り替える。張り替え作業の少なくとも数日は、家で生活することは難しい。


どこかに宿泊するにも多額のお金がかかる。


そのお金や労力を考えると、フロアコーティングの価値はあると考えるようになりました。使用感はまたブログで書きたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。