30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

建具の工事 ~新築工事96日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


建具の工事、続きです。



室内ドアの枠に使われている建材。上から見るとこんな感じになっているのですね。



釘がないので接着剤で2つの木材をくっ付けているのかな。


裏側



造作収納の扉です。


くろーばー家では、いわゆる観音開きになる造作収納の扉が多いです。大きな板材が数多く搬入されていて、大工Kさんが電動ノコギリでサイズに合わせた形にカットしておられました。


しかも触れるところなので、板材の端を丁寧にカンナをかけてくれていました。面取りというのでしょうか。この作業を行わないと人が触れたときに傷ついてしまうことがあるそうです。


コピー用紙で皮膚に切り傷が出来てしまうこともありますもんね。こうしたひと手間ひと手間で快適な生活を送らせて頂くわけですね。ありがとうございます。


面取り(?)後の収納扉材。



収納扉のための蝶番も取り付けられていました。


もう収納扉の本体を待つばかりですね。





階段も設置されました。



壁紙がまだのせいか、白色がかなりモダンな印象です。





大型ニッチも設置されましたし。















そうそう。以前気になっていたコレ。


天井と壁の取り合い部分に取り付けられている建材のようです。いわゆる廻縁になるのかなと思っていますが合っているかな。


泉北ホームの廻縁は細いので、天井が高く感じられる視覚的効果を得やすいと思います。これは利点ですね


現在、カーテン屋さんとの打ち合わせで難航(?)しているのが、この窓枠の厚み。


指を置いている枠内にハニカムシェードを取り付ける予定です。


くろーばー家がほとんどの窓に採用している縦滑り出し窓は、網戸が室内側に付きます。
そうすると、ハニカムシェードを取り付けるスペースが狭くなります。


くろーばー家は2×6の壁の厚みなので140mmの厚みがあるのですが、逆に窓がトリプルガラスなので奥行きを使います。


2×6により枠は厚くなるが、トリプルガラスのために枠は狭くなる。
足し算と引き算をした枠の厚みでハニカムを取り付けられるか。


カーテン屋・ルームワンさんの担当Hさんが後日、採寸してくれるその時までドキドキしながら待とうと思います。


枠内に取り付けが出来ないときは、枠外にハニカムを取り付けることになります。さあ、どうなるでしょうか。




泉北ホームのドアノブについて。


先日の記事で取り上げた泉北ホーム標準のドアノブです。(大建のドアノブ。)


完成見学会でもよく見るこのドアノブ。くろーばーの手が結構大きいせいもあるかもですが、握るにはちょっと小さいんですよね。


そこで、くろーばーはドアノブの形状を変更しています。


手の大きさに関わらずしっかり握れるストレート形状のドアノブです。毎日触れるドアノブだけに変更して今のところ良かったと思います。


使用感はまた後日にお伝えできればと思います。



さて、建具関係も終盤戦といった工程になってきました。収納の扉が取り付けられると室内の感じも大幅に変わるような気がします。


楽しみに待ちたいと思います(*^_^*)





今回の記事とは関係ないのですが、大阪南部の和泉中央の辺りに、新しい住宅展示場が出来るようです。



その中には泉北ホームのモデルハウスも。完成したら見に行ってみようと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。