30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

ショーーック!(>_<) ~新築工事88日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


ショーーック!(>_<)


くろーばーの宝物が見れなくなりました。



そう、くろーばーの宝物とはコレ。


断熱材のことです。
(ドンダケスキヤネン(^_^;)



壁にも、天井にも石膏ボードが貼られていました。


最後に残ったのは、天井点検口。


ここだけになっていました。


それが、ついに!



あーー。埋まってしまった・・。ついに封印されてしまいましたね。


だ・ん・ね・つ・ざ・い、カムバーーック!(T_T)/~~~



と、お遊びはここまでにして(*^_^*)


この天井点検口。なんと高気密用なのだそうです。(城東テクノ製)



通常のものと何が違うか分かりませんが気密性が高いのでしょうね。嬉しい限りです。




また、ちょうどお家を見に行っているときに大工Kさんが、床下の点検口を取り付けてくれていました。



枠の取り付けが終わり、中フタが閉まっています。中々、気密性が良さそうな感じです。
(高気密用床下点検口という商品名がついていました)


昔の床下点検口とちがって断熱材が入っていて、気密・断熱ともに性能の高い点検口になっているように思います。



外フタは大工Kさんが作業中でしたので撮影はまた後日に。


思ったよりも点検口のサイズって大きいんですね。測っていませんが縦横50cmずつほどあります。


身長180cmのくろーばーでも、ちゃんと床下にもぐれるサイズで安心です。


後日に現場監督のDさんが床下にもぐって、ウレタンを吹く作業があるとのことだったので、ここから入られるのだと思います。


入口の大きさは良いですが床下は高さ40cm。大変な作業かと思います。


どうぞお気をつけて作業をされてください(^o^)/
いつもありがとうございます。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。