30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。

目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

2017年5月着工。10月完成。

高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

外壁サイディング完成\(^o^)/ ~新築工事88日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


くろーばー家の外観は、先日までこんな感じでした。



そして・・いよいよ。


外壁のサイディングが、ほぼ完成しました\(^o^)/



光の加減でなんだか後光が差しているようです。

※思い込みの激しい施主による妄想(*^^*)


当初の希望だった南欧風とまではいきませんが、まずまず、くろーばーファミリーの趣向に近い外観になっています。


ナチュラルモダンといった分類になるでしょうか。


近くで見てみると、こんな感じ。


家のコーナー部分である出隅です。


まだシーリング材のスーパーKMEWシールが施工されていないので、サイディングを留めておくための金具が隙間から見えていますね。


さらに近寄って見ると、こんな感じ。



白の光セラの表面が塗り壁のようなフラットな感じなら、もう少し南欧風に近づいたかな。


オレンジの光セラはタイルブロック調で雰囲気が出ています。素材はサイディングですがプリント(発色?)技術はすごいですね。


近くで見るとさすがに違いが分かりますが、もう少し厚みがあればタイルと言われても違いが分からないぐらいです。



サイディングの下にも隙間があります。ここは外壁通気工法のための隙間になります。


この隙間から外気がサイディングの内側を通ることで、室内から出される湿気を逃がしていく仕組みが外壁通気工法です。


暖められた空気は上方へと移動していくので、棟換気なので排気される仕組みになっています。こうした仕組みによって壁内結露からお家を守っているわけですね。



一条工務店の施主で有名ブロガーの「さすけ」さんは、このわずか数センチの隙間から入ってしまうコウモリやネズミの問題をブログで公開されました。



およそ1000件に1件程度の割合で起こっているようです。


さすけさんの問題提起により一条工務店の標準仕様が変わり、この隙間に専用の通気金具を取り付けることになりました。


ちなみに大手ハウスメーカーの積水ハウスでは元々、こうした害獣対策がされているそうです。



住友林業もこれと同様の対策がされているようです。




泉北ホームさんはどうなのでしょうか。また見てみたいと思います。対策がされていれば嬉しいのですが・・。


対策がなければDIYになるでしょうか(>_<)


まあ、外断熱をしていないので断熱材がかじられる事はありませんけどね(#^.^#)



さて、玄関付近の外壁です。


出隅はシーリング部分が多いですね。シーリングが施工されたら、もう少し家の表情も変わるでしょうか。



別角度から家の全景。



自己満足の領域ですが、いい味でているんじゃないでしょうか\(^o^)/


あまりニヤニヤしていると、ただでさえ大工さんに変わった人に思われていそうなので、自重します(>_<)




今日は泉北ホームと提携している(?)司法書士の先生から電話がありました。
登記手続きの案内でした。


家の完成も近づき少しずつ決済も近づいています。こうした事務的な手続きも行っていかなくてはいけませんね。


これまた泉北ホームと提携している(?)引っ越し業者さんからも連絡がありました。見積もりのために打ち合わせさせて欲しいとのことでした。


建物以外の部分でも賑やかになってきました。


仕事、子育て、家事・・そして家づくり。


気力も体力も必要ですね(*^_^*)



・・あ、それから。
嫁さん孝行もしておくと家内安全ですね(^_-)-☆

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。