30代サラリーマン、家を建てる。with泉北ホーム【高気密高断熱】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】

大阪で建てる家づくりのブログです。目指す家づくり【高気密・高断熱・長持ち・低予算】2017年5月着工。10月完成。高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)

ついにAPW430が我が家に・・ ~新築工事58日目~

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


仕事で疲れた体を引きずり新築中の我が家へ。


すると・・。
何だか白いものが付いているではありませんか。



近寄ってみてみると・・。



・・こ、これは!!


そう。


YKK社が誇る日本最高レベルの断熱性能の窓。
トリプルガラス窓のAPW430が施工されていました\(^o^)/



K大工さんに聞くと、やはりトリプルガラス窓は重いらしく、
画像にあるウィンドキャッチ連窓のような大きい窓になると、
大工さん一人では取り付けられないそうです。


別の大工さんに応援に来て頂いて取り付けて頂いたそうです。


くろーばー家では画像のウィンドキャッチ連窓が全部で4つもあります(^_^;)


そのうち、3つは2階への設置・・
しかも、これより重い掃き出し窓も二つ・・。
(これはAPW330の真空トリプルガラス窓)


大工さんには大変ご面倒をおかけしています。
感謝しています。



断熱の要である窓。


窓の性能次第で、家全体の断熱性能が大きく変わります。


APW430は、熱貫流率0.91
APW330の1.6に比べ、40%の性能向上を見込めます。


コストパフォーマンスはけっして良いとは言えません。

しかし日本最高レベルの断熱性能の窓を得られることは
断熱気密に情熱をかける、くろーばーにとっては誇りです(*^^*)


ようこそ、APW430\(^o^)/


遠い北海道の工場からよく来てくれました。
我が家の断熱は任せたよ(^-^)/




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。