30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

台風24号

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


この記事がアップされる頃には、台風24号が四国あたりを通過しているでしょうか。


今回の台風は日本縦断の可能性が高くなっています。
皆さん、台風への備えは大丈夫でしょうか。


私が住む大阪では、9月4日に最接近した台風21号の後遺症がいまだに残っています。


ブルーシートをかけたまま土嚢で押さえているだけの屋根。破損したままの外壁。倒れたままの街路樹。


今回も進路を見ていると、大阪湾から侵入し本州に上陸というコースのようです。
(9月30日午前11時現在)


台風に対する備えをしっかりしておきましょう。


〇窓の施錠(カーテンは飛来物の侵入速度をやわらげてくれます)
〇雨戸
〇網戸の取り外し。
〇室外に置いている物の取り込み。
(物干し竿、自転車、子どものおもちゃ、ジョウロ、傘など)


停電時のために、
〇懐中電灯などの照明器具(電池も確認)
〇すでに暖房が必要な地域は、電気やガスが動かない時にも稼働するものの準備。
〇台風接近の前に食事や入浴を済ませておく。
〇お湯を沸かしておく。


長時間の停電やガスがストップした時のために、
〇飲料水の用意(水がいろいろな用途に使えて良い)
〇空きペットボトルなどに水を入れ、冷やしておく。
→非常時の飲料水にもなるし、冷蔵庫が冷やせなくなったときに、凍ったペットボトルを冷蔵庫に入れれば食品が数日間は保てる。
〇カセットコンロの用意。
〇電気やガスがなくても食べられる食品の用意。
〇携帯の手回し充電器


雨漏りや浸水、土砂崩れの被害が予想できるなら、「まさか」と後から後悔することのないよう早めに避難所に行きましょう。


今回の台風は21号に比べて速度が遅いので、被害が大きくなる可能性があります。
しっかり備えをしておきましょう。



準備ができたら、あとは気持ちを楽に持ちましょう。


何となく心配で不安になっている方のために、
我が子たちの写真をプレゼントしましょう(^o^)/


こんな感じで(*^_^*)


てるてる坊主のつもりで、「晴れろ、晴れろ~。」と、祈祷(?)しながら、
「雨乞い」ならぬ「晴乞い」をしている様子です(*^_^*)


被害が最小限になりますように祈っています。




追記


最近、ブログやSNSにて当ブログを読んでいるよというお声を頂くことが増えています。


泉北ホームの施主さんのほか、他建築会社の施主さん、さらには建築関係の方。
お住まいの地域も南は九州、北は北海道の方まで。


家づくりの参考にして頂いているというお言葉を頂いて、ブログを書いてきて良かったなと思っています。


あまりにも多いので、お一人おひとりにお返事やコメントが出来ませんが、この場を借りまして、お礼申し上げます。


どうぞ皆さま。良い家づくり、良い暮らしをなさって下さい。
家づくりが皆さまの幸せにつながることを祈っています。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。