30代サラリーマンが高気密高断熱な家を建てるブログ。with泉北ホーム

高気密高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安く、一条工務店より光熱費が安くなるお家づくり。

【家づくりのテーマ】
高気密・高断熱・長持ち・低予算

【拙宅の概要】
高気密(C値0.29)・高断熱(Ua値0.39・Q値約1.4)・2×6工法・HEAT20のG2グレード達成(6地域)・ZEH認定(ゼロ・エネルギー・ハウス)・パッシブデザイン・窓APW430・玄関扉イノベストD50・三種換気システムLa-60・ホウ酸防蟻エコボロン・バルコニー金属防水スカイプロムナード・ルーフィング(イーグルガード)・断熱材フェノバボード・断熱カーテン(ダブルハニカムシェード)

地震保険の改訂

こんにちは。こんばんは。おはようございます。
30代サラリーマンの、くろーばーです。


9月4日にやってきた台風21号のあと、公園にあった大きな木が倒れました。キケンなためたくさん伐採されました。


大きさ比較のため、掌を置いてみます。


30cm以上の直径がある木が倒れたのですから、すさまじい風が吹いていたことが分かります。


伐採された枝などがまとめられていました。


あのあと台風24号もやってきました。


今年は大阪北部地震や北海道の地震、中国地方の大雨被害も含めて、非常に災害が多かった年のように思います。


もう来ないことを祈っていますが、南海トラフも予測されています。備えだけはしておきたいものです。


さて、今日は災害に関係したお話を。



2019年1月に地震保険が改訂されることはご存じでしょうか?
全国平均で約3.8%の値上がりになります(^_^;)


ただし、地域によって上がるところもあれば、逆に下がるところもあります。


東日本大震災の影響の強い福島県や茨城県などは14%以上の値上げ。
逆に、愛知県、三重県、和歌山県で15%ほどの値下がりです。


我が大阪はというと・・・4.5%ほどの値下がりです。




損害保険料率算出機構より引用


東日本大震災のあと地震保険料の見直し計画がすすめられ今回が2回目。近い将来に、もう一度、改訂があるはずです。


地震保険は耐震等級3をとっていると、各社50%ほどの割引があります。
実際、耐震等級3で倒壊した住宅は現在までにはありません。


まずは、少なくとも耐震等級3を取得したお家を建てられることをおススメします。
予算があるなら、制震、免震も良いですね。


住み始めてからかかる維持費の一つが地震保険。
安く済ませて、しかも地震にも安心な耐震等級3をおススメしたいとおもいます。


これからお家を建てられる方、検討してみて下さいね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。